最近登場した泡脱毛器の効果ってどう?

抜くタイプの泡脱毛器のメリット・デメリットは?



家庭用脱毛器は実にさまざまな製品が販売されていますね。大きく分けると、何らかの方法でムダ毛を「抜く」タイプの商品と、光脱毛やレーザー脱毛など、脱毛したい部分に特殊な光を当てて脱毛するタイプの2種類に分けられます。

抜くタイプの商品は、かなり痛みがあるため敬遠する人も多いようですが、「泡」を使用して脱毛をするという製品は、通常のものより痛みが緩和されているため、人気があるようです。


痛みが起きにくく脱毛効果が高いことから、自宅でムダ毛処理をしたいという人に活用されているとのこと。

ここでは、そんな「泡脱毛器」の効果やメリット、デメリットなどについて解説しています。


泡脱毛器って何?


泡でムダ毛を絡めてスムーズに脱毛

家庭用脱毛器が最初に出たころは、単純に脱毛器でムダ毛を絡め取って引き抜くといったものでした。

そのため、無理やり抜くといったイメージになり、脱毛時の痛みがかなり強く、購入したはいいけれど、痛くて継続できずタンスにしまいこんだままになってしまったという人も多かったようです。


また、ムダ毛を絡め取る機能がそこまで高くないため、一度でその部分の毛をきれいに抜き取ることができないこともあり、使い勝手があまりよくないものが多かったように思います。

泡脱毛器は、脱毛したい部分にボディソープなどの泡立つものを塗り、脱毛器のスイッチを入れて泡立ててから、ムダ毛を脱毛部で絡め取って抜いていくというもの。


泡立てる必要があるため、必然的にお風呂のときに使用することになり、皮膚がふやけて柔らかい状態で脱毛できます。

また、泡によって肌への負担を少なくし、ムダ毛を抜きやすくすることから、ただ抜くタイプの脱毛器よりも、痛みが軽減され、脱毛効果が高いといわれています。

通常の抜くタイプの脱毛器との違い

抜くタイプの脱毛器は、ある程度ムダ毛に長さがないと毛を絡めにくいといわれていましたが、泡脱毛器は1mm以下のムダ毛を脱毛することができるので、ムダ毛が再生したらすぐに次の処理を行えます。

すぐにまたきれいな状態に脱毛できるという点は、通常の脱毛器と比べてかなり高性能だといえそうです。


また、カミソリで剃る場合も同様ですが、泡をつけて処理を行なうことで、肌への負担が少ないという点も抜くタイプの脱毛器との大きな違いです。

痛み同様、肌への負担が少なければ、敏感肌の人の人も安心して使用することができますね。


泡脱毛器の効果はどう?


足や腕の脱毛効果はかなり高い

足や腕といった、比較的平らなパーツの場合だと、脱毛効果はかなり高いようです。

ムダ毛が再生して2日ほどの、まだほとんど伸びていない状態でもしっかり脱毛することができ、また毛抜きで抜くよりもはるかに痛みが低いため、自己処理派の人からの評価は高い様子。

カミソリでの剃毛と比較すると、お手入れの感覚がかなり長くなるので、手間が減って楽になったという人もいます。

抜き残しができる部位もある

ワキなどの肌が柔らかい部分になると、何回か行っても抜き残しができてしまうことがあるようです。

その場合は、泡脱毛器でお手入れした後に残ったムダ毛をカミソリで剃ってきれいにすることになりますが、この手間が面倒だという人には不向きかもしれませんね。

また、痛みをまったく感じないという人もいれば、泡脱毛器でもかなり痛みを感じ、続けることができなかったという人もいるので、痛みの感じ方は人それぞれかもしれません。


泡脱毛器のメリット・デメリット


泡脱毛器のメリット

泡脱毛器のメリットは、まずカミソリなどの除毛と比較すると、ムダ毛の再生までの期間が長くなるという点です。

自己処理でムダ毛をお手入れするとなると、どうしても除毛に偏りがちですが、脱毛できればお手入れの手間がかなり省けますよね。


毛抜きで抜くという方法もありますが、1本1本抜くのはかなり面倒ですし、ブラジリアンワックスなどの剥がすタイプは痛みがかなり強いので、苦手な人も多いです。

泡脱毛器は、これらの脱毛よりも痛みが少なく、また効率よくムダ毛を抜くことができます。


そのほか、脱毛サロンなどの脱毛と比べると低コストで脱毛できること、カミソリや抜くタイプの脱毛器よりも肌への負担が少ないことなどもメリットだといえるでしょう。

泡脱毛器のデメリット

泡脱毛器のデメリットは、お風呂で行わなければならないので環境を整える手間があるということや、前述したような抜き残しが発生するという点です。

残ったムダ毛をカミソリや毛抜きで処理をするとなると、結局2重に手間がかかりますし、肌への負担も大きくなります。


また、泡を使って肌への負担を少なくしているとはいえ、無理にムダ毛を抜いていることに変わりないので、お手入れを継続することで毛穴が開いたり、毛穴が黒くなるといったこともあるようです。

そのほか、脱毛といってもまたムダ毛が再生するため、永久的にお手入れを継続しなければならないという点もデメリットとして挙げられます。

半永久的な脱毛を臨むなら、家庭用光脱毛器がおすすめ

同じ家庭用脱毛器を購入するなら、製品価格は高めになりますが、家庭用の光脱毛器を購入するのがベストな選択だと思います。

家庭用光脱毛器は、特殊な光を肌に当てることでムダ毛を脱毛していくので、肌に直接機器が触れることはなく、肌への負担がかなり低いです。


また、お手入れを継続することでムダ毛が生えてこなくなるため、その後お手入れが必要なくなるという点は、同じ脱毛でもその後の効果がまったく違ってきます。

泡脱毛器を買い替えながらお手入れをずっと続けていくことを考えたら、家庭用光脱毛器のほうが長い目で見るとコスト的にもお得です。


これから脱毛器の購入を検討されている人は、ぜひ家庭用光脱毛器の導入をおすすめします。

この章のまとめ

  • 泡脱毛器は泡でムダ毛を絡めて脱毛する家庭用脱毛器
  • ただ抜くタイプの脱毛器と比べると、痛みが少なく脱毛効果が高い
  • 泡脱毛器のメリットは、除毛と比較してお手入れが楽になることなど
  • デメリットは、痛みを感じる人もいる上に抜き残しが多く発生する点
  • 家庭用光脱毛器なら、肌への負担が少なく効率的に脱毛できるのでおすすめ