脱毛器で火傷した場合、どうすればいいの?

脱毛器で、やけどをした場合どうすればいい?

家庭用脱毛器を使用する際に心配なのは、やけどを起こさないかということです。基本的に家庭用は出力が低いことから、正常な使用をしている限り考えにくいのですが、無茶な操作で稀に起こす場合もあります。

また、やけどを特に起こす可能性の高い機種として、レーザー脱毛器やムダ毛を焼いて処理するタイプが挙げられます。毛穴にレーザーを照射する際に、照射する範囲が狭いために、出力が高すぎる場合にはやけどを起こしやすいのです。


ノーノーヘアなど毛を焼いて処理するタイプは、肌に当たる熱線が高温の状態ですから、処理を続けることで、ダメージを受けてしまいます。このタイプは無理な使用をしないで、肌への負担を極力避けて操作しましょう。

フラッシュ脱毛に関しても、可能性は低いもののゼロというわけではありません。肌に特殊な光を照射することで、毛根に熱を与えて処理するものですから、確実に熱は発しているわけです。


こうした理由から、使用に際しては冷やしてからが原則ですが、冷却が十分でなかったり照射レベルを上げ過ぎた場合、肌へのリスクはかなり高くなります。使用前後の冷却はしっかり行い、照射レベルも最少から徐々に上げるよう気を配ります。

なお、日焼けをして肌の色が濃くなっている場合や、肌にシミやホクロがあると光が反応しますので、脱毛器の使用は控えるべきです。日焼け肌の色が白く戻った後や、シミやホクロには白いテープなどを貼ると良いですね。


それでも、万が一やけどをしてしまったら、早急な処置が必要になります。まず、手足なら流水でひたすら冷やし、顔や頭など水で流せない場合には、氷や保冷剤をタオルで包んで患部に当てます。

やけどが広範囲に及ぶ場合は、浴槽に水をためて全身を浸したり、大判のタオルを水で濡らして身体を冷やすようにします。冷水や氷を肌に直接当てると、低体温症や凍傷になる危険がありますので避けましょう。


家庭用脱毛器は、説明書に従って使用する限り、本来はやけどが起こらないものです。しかし、それでも機械を使うのは心配だという人は、信頼できる皮膚科で脱毛処理してもらうのも一つの方法です。

繰り返しになりますが、高機能で安全性の高い脱毛器を使いこなすには、入念な操作の理解と、処理前後の万全な冷却作業が大切になります。機能を十分に駆使することで、家庭用脱毛器は最大限の効果を発揮してくれます。


せっかく理想的な脱毛方法を見つけたのですから、メリットは存分に活用したいものです。ムダ毛と無縁の輝く美肌を手に入れるために、末永く便利に付き合っていきたいですね。