高い買い物をするときは、一度家に帰って冷静になってから考えるといいね

脱毛サロン、長期契約で失敗した‥

ムダ毛の悩みから開放されたくて脱毛サロンに通う方も少なくないでしょう。でも、脱毛は一回ですむような簡単なものではありません。どうしても長期間サロンに通う必要がでてきます。また、そうでないと完璧に近い脱毛は期待できないでしょう。


格安のトライアル脱毛を試した後、カウンセラーの説明を聞くうちに長期契約を交わす流れになってしまう方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、その時は良かれと思って決断した長期契約も、帰宅して冷静になって考えてみると「やっぱり、長期契約はすべきじゃなかった‥」と後悔することもあるかもしれません。


そういう時は“クーリングオフ”すれば簡単に契約解除できます。例え、契約したコースを1回受けていても8日以内でしたらクーリングオフは可能です。

脱毛サロンでの契約は途中解約できないと思っている方も多く、仕方なく契約した期間はサロンに通っている人も少なくありません。でも、クーリングオフ可能な条件を満たしてさえいれば、契約解除できますから安心してください。


脱毛サロンでクーリングオフできる条件は「3項目」あり、このうち1項目でも当てはまればクーリングオフが可能です。

 ①契約期間が1ヶ月以上の長期契約で、5万円以上の契約金額であること。
 ②訪問セールス等のような不意打ちされた場合。
 ③契約書にクーリングオフ適用と明記されている場合。

以上のどれかの条件が当てはまれば、クーリングオフできます。


ただし、クーリングオフは契約締結日を1日目として通算8日間以内に申請しなければ無効となり、違約金が発生する可能性があります。ですから、契約を解除したいと思ったら、すぐに手続きした方がいいでしょう。

クーリングオフの申請手続きは簡単です。決まった形式がないからです。わざわざサロンに出向いて解約しなくても、クーリングオフすることも可能です。例えば、葉書に契約解除の旨を記載して送る方法もあります。


宛先は、契約したサロンの名前と住所を書きます。そして葉書の裏には、サロンの名前・住所・電話番号(できれば担当者名も記入)、契約日、コース名と金額を書いて「上記の契約申込みを解除します」と記入してください。

その下に、自分の住所・名前・振込銀行口座を明記してください。この葉書の両面をコピーして簡易書留で送ればOKです。(契約締結日から8日目の消印まで有効)控えは勿論きちんと保管しておいてください。


送付した証明を残すために、郵便局へ行って配達記録郵便を利用することが肝要です。ちゃんとしたサロンなら、送付後に必ず記載した振込口座に返金してくれます。また、解約するにあたって理由付けをする必要はありません。「解約します」とはっきり意思表示するだけでいいのです。

ただし、脱毛サロンの中にはクーリングオフになかなか応じてくれない悪徳サロンもありますので、悪徳業者が存在することを念頭に置いてサロン選びは慎重にすべきです。


脱毛サロンでの失敗が不安な人は、家庭用脱毛器を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?最新の家庭用脱毛器はサロンと同様の効果があります。また、商品によっては使用しても30日以内に限り返品・返金保証可能なものがありますので安心ですよ。