ジェルって塗った方が肌に良いんじゃないの?

家庭用脱毛器でムダ毛処理、冷却ジェルはいらないの?



脱毛サロンに通っていたけど、費用の関係で続けるのが難しくて家庭用脱毛器に切り替えた、という方も多いのではないでしょうか?

家庭用脱毛器は好きな時に気軽に脱毛できることで人気を集めいていますが、操作や手順が簡単であることも多くの女性から支持される理由の一つだと言えます。


というのも、脱毛サロンでは施術前に冷たいジェルを塗布するのが一般的ですが、脱毛器の場合はそうしたジェルを使わずに処理が行えるのです。

でも、サロンのようにジェルを使用した方が効果が高くなるのでは?と疑問に思う方もいるかもしれません。ここでは、サロン脱毛でジェルを塗布する目的や、家庭用脱毛器における冷却ジェルの使用についてお話したいと思います。


脱毛サロンでは照射前にジェルを塗るけど、どんな効果があるの?


効率よく施術部位を冷やして施術できる

脱毛サロンでキャンペーンなどを利用してフラッシュ脱毛を受けたことがある人は、必ずといってほよいほど施術部位に冷却ジェルを塗布した上でお手入れしていただいたかと思います。

この冷却ジェルの効果としては、やはり肌を効率よく冷やすという点が大きいです。


脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射し、その時生じる熱エネルギーを利用して毛根にダメージを与えるという仕組みです。毛根付近は一時的に熱が発生するため、火傷を防ぐために施術部位は冷やしておく必要があります。

そのため、サロンでは照射前に冷却ジェルを塗布しています。施術中も冷やし続けることで、痛みを感じる神経を麻痺させ、施術の痛みを和らげるという効果もあるようです。


ただ、冷却ジェルはワキだけならまだしも、腕や脚、背中など広い部分に塗布しなければならない場合、施術を受ける人は不快感を感じることがありますし、施術後に落とすのが面倒なので、塗られる側からするとあまり快適なものではない様子。

また、ジェルが冷たすぎて逆に刺激となり、施術中がかなり辛いと感じている人も少なくありません。

抑毛効果があるジェルを使用している場合も

フラッシュ脱毛にもいくつか種類があり、S.S.C脱毛と言われる方法の場合は冷却目的というより、抑毛目的でジェルを使用しています。

ジェルには抑毛を促す成分が配合されており、光による相乗効果で脱毛効果を高める方法をS.S.C脱毛と呼びます。

最近は冷却ジェルを使用しないサロンも増えてきている

脱毛機も進化しており、脱毛機事態に冷却機能がついているものが登場してきています。冷却ジェルは、塗布した際のヒヤッとする感触はもちろん、脱毛中もずっと肌表面に置かれている状態なので体が冷えるなど、苦手に感じている女性がほとんどです。

そのため、最近では冷却ジェルを使用しないサロンも増えてきています。


家庭用脱毛器でも冷却ジェルは必要なの?


しっかり冷やせればジェルを使わなくても大丈夫

冒頭で触れたように、冷却ジェルを使用しても構わないと書いている家庭用脱毛器もありますが、「化粧成分を使用しない」などと記載があり、どのジェルを使えばよいのかわからない、というのが正直なところです。

家庭用脱毛器を使用する際は、お手入れ前にしっかり施術部位を冷やせばジェルを使用する必要はありません。


脱毛サロンで使用されているジェルは、光の照射や脱毛の効果に影響のない、独自で開発されたものが多いです。

コスメショップなどで販売されている冷却ジェルは、何らかの美肌成分などが配合されている可能性があり、それが脱毛効果を妨げる可能性があります。


脱毛サロンで購入した冷却ジェルが余っている、ということなら別ですが、わざわざお金をかけて購入しなくても大丈夫です。

冷却ジェルを使用したい場合

家庭用脱毛器でジェルの使用はおすすめしません。一番の理由としては、前述したように脱毛効果を低くしてしまうという点が挙げられます。

そのほか、自分で家庭用脱毛器を操作して脱毛する場合、肌に塗布したジェルが家庭用脱毛器についてしまうことがあり、脱毛器を衛生的に保てないということも、冷却ジェルを使用しないほうがよい理由のひとつです。

どうしても冷却ジェルを使ってお手入れしたいという人は、化粧成分をが配合されていないジェルを選ぶことと、脱毛器にジェルが付着しないように注意しながらお手入れを行うようにしましょう。


照射前後の冷却は、保冷剤でばっちり!


保冷剤を活用してお手入れ部分を冷やそう

冷却ジェルを使用しないのであれば、お手入れ前の冷却には何を使用すればよいかというと、ズバリ「保冷剤」です。保冷剤は、要冷蔵の食品などを購入したときに、冷たさを保つために入れてもらえることがありますよね。

あの保冷剤で十分お手入れ部位を冷やすことができるんです。そのほか、夏の熱中症対策に使用する保冷剤など、無料もしくはドラッグストアなどで手軽に入手できるもので十分です。

保冷剤はどんなものを使ってもいいの?

基本的には、しっかり肌を冷やすことができればどのような保冷剤を使用してもかまいません。

家庭用脱毛器を購入すると、製品によっては肌を冷やすための保冷剤が同梱されていることがあり、その保冷剤を見てみると、触り心地がサラサラしていて、肌につきにくい素材でできていることがわかります。


スイーツなどを購入したときについてくる保冷剤は、表面がつるつるしたビニールのような素材でできているものが多いですが、ああいった保冷剤は直接肌につけてしまうと、氷が肌について取れなくなるなど、使い勝手が悪い場合があるようです。

できれば、肌につきにくい素材でできた保冷剤を使用することをおすすめしますが、もし手元につるつるした保冷剤しかなくても、薄手のハンカチやガーゼなどで覆うことで、肌に密着しにくくなりますので、ぜひ試してみてください。


ちなみに、肌を冷やす過程で保冷剤などによりお手入れする部位が濡れてしまうと、脱毛効果が低くなってしまうことがあるようです。

肌につきにくい保冷剤だと、肌に濡れにくいという効果も期待できます。もし施術前に肌が濡れてしまっていたら、拭き取った上で施術するよう意識しましょう。

肌の冷却は、施術前はもちろん施術後も重要!

お手入れをする前に肌を冷やすのは、施術による痛みやほてりを抑える効果があるためです。肌が冷たい状態だと痛みを感じにくいので、痛みに弱い人は特にお手入れ前の冷却を忘れないでくださいね。

また、お手入れが終わった後の冷却もとても重要です。お手入れ後はとても肌が敏感になっていて、炎症を起こしやすい状態になっています。

清潔にしておくことはもちろんですが、肌を冷やすことで炎症を防ぐ効果が期待できますので、必ずお手入れ後も肌を冷やすよう心がけましょう。

この章のまとめ

  • 脱毛サロンで使用される冷却ジェルは、家庭用脱毛器の使用では必要ない
  • 家庭用脱毛器で冷却ジェルを使用するときは脱毛効果や衛生面に注意する
  • 脱毛前に肌を冷やす際は、保冷剤を使うのがおすすめ
  • 保冷剤はできるだけ肌につかないものを、つきやすいものはハンカチで巻いて使う
  • お手入れ前はもちろん、お手入れ後も必ず保冷剤で脱毛部位を冷やすこと