手軽に使えるけど、やっぱり肌への負担が気になる・・・

脱毛クリームの効果は?リスクやデメリットはあるの?



最近では、低価格で半永久的に脱毛できる脱毛サロンが数多くあるようですが、やはり肌を他人に見せることに抵抗があるという人も少なくないようです。

そういった人たちはいろいろな方法を活用し、自宅でムダ毛の処理を行っています。そのひとつが「脱毛クリーム」で、比較的安価で購入でき、手軽にかつきれいにムダ毛を処理できることから、活用している人は多いです。

今回は、そんな脱毛クリームの効果や使用方法、メリットとデメリットなどについて掘り下げていきたいと思います。


脱毛クリームの効果ってどうなの?


脱毛クリームは「除毛」するためのアイテム

「脱毛クリーム」というと、クリームを塗ってムダ毛が脱毛できると考える人も多いかと思いますが、実際には脱毛クリームは、脱毛ではなくムダ毛を「除毛」することができるクリームです。

クリームをムダ毛処理したい場所に塗布することで、特殊な成分でムダ毛を溶かし、肌から出ている部分の毛を除毛します。


カミソリで剃毛すると、毛穴が目立ったり、生えてくる毛が太く見えたりといったことがありますが、脱毛クリームを使用した後は仕上がりがとてもきれいです。

また抑毛成分を含んでいる脱毛クリームもあり、使い続けることでムダ毛の成長を遅らせることができる製品もあります。


また、ムダ毛が再生するときに、カミソリで剃ったときのようなチクチク感がなく、不快にならないというのも脱毛クリームを使用するメリットです。

カミソリを使用するより肌への負担が少なく、美容成分を配合している製品もあるので、肌を守りながらムダ毛を処理したいという人におすすめです。

脱毛クリームの正しい使用方法について

脱毛クリームは、必ず乾いた肌の上に塗っていくのがポイントです。清潔にした肌に、ムダ毛がすっぽり隠れるくらい厚めにクリームを塗っていきます。

その後、一定の間置いておくことでムダ毛が柔らかく溶けていくのですが、置いておく時間はそれぞれの製品の説明書に従ってください。


所定の時間が経過したら、きれいに脱毛クリームを洗い流すと、ムダ毛もきれいになくなっています。

製品によって脱毛できる部位はいろいろあるようですが、脱毛クリームは、ほとんどが顔に使用することができません。


また、デリケートゾーンにおいても使用できない場合が多いので、必ず説明書をしっかり読んで、使用できる部位にのみ使うようにしてください。使えない部分に使用すると、肌荒れやかぶれを起こす原因になります。

また敏感肌の人は、必ず使用前に「パッチテスト」を行なうことをおすすめします。パッチテストとは、二の腕の内側など肌が柔らかい部分に脱毛クリームを塗布し、絆創膏などでカバーをして一定時間置いておき、肌に異常が出ないかを確認するというものです。


異常がなければ使用してOKですが、赤みやかぶれなどが出た場合は肌に合わないということになりますので、使用は控えたほうがよいでしょう。


脱毛クリームのリスクやデメリットは?


あくまで一時的なムダ毛処理にすぎない

脱毛クリームはあくまで除毛をしているにすぎないので、カミソリでの自己処理同様、すぐにまたムダ毛が生えてきてしまいます。

生えてくるときの不快感がないので、数日で再度処理しなければならないということはありませんが、常にきれいにしておきたいという人は、1週間に1回ほどは手入れをする必要があり、手間がかかる上にコストもかかるという点はデメリットだといえます。

刺激臭が強く、敏感肌の人には肌への刺激が強いことも

実際に使用してみるとわかるかと思いますが、脱毛クリームはかなり匂いが強いので、苦手な人は使っていて気分が悪くなってしまうことがあるようです。

また、匂いが強いということはある程度刺激も強いということがいえ、肌の弱い人には負担が大きく、毛穴が開いたり、使用を続けることで肌荒れを起こす危険も考えられます。

毛穴が開いてそこに汚れなどが溜まってしまうと、肌がブツブツになってしまい見た目が悪いので、これはちょっと気になりますよね。


除毛ではなく脱毛するなら家庭用脱毛器がおすすめ!


長い目で見るなら、除毛よりも脱毛のほうがおすすめ

前述したように、除毛はどうしてもこまめにお手入れをしなければならない分、コストや手間がかかってしまいます。

脱毛であれば、処理してからムダ毛が生えてくるまでの時間が除毛と比較するとかなり長いので、まずお手入れの手間を減らすことが可能です。


光脱毛であれば、処理を続けることでムダ毛が生えてこなくなるので、長い目で見ていればその後お手入れの必要がなくなりますので、コスパも良いです。

光脱毛というと、脱毛サロンでお手入れしなければならないようなイメージですが、最近では家庭用の光脱毛器が販売されていて、こうしたものを活用すれば、自宅でも十分お手入れすることができるので、ぜひ導入を検討してみるとよいでしょう。

家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器のメリットは、まず人に肌を見られたくないという場合、自分でお手入れができるという点です。

腕や足はもちろん、脇なども自分で処理できるので、誰かに肌を見せなくてすみます。


また、家庭用の光脱毛器は肌に直接触れるものではなく、特殊な光をお手入れしたい部分に当てることで、毛根のメラニンにアプローチし、ムダ毛の再生機能を破壊するという方法になるので、肌に負担をかけにくいというのも大きなメリットです。

肌が弱い人でも安心して使え、また光の出力を調整することで極力痛みを与えずに処理できるため、痛みに弱い人も安心して使えます。


処理を続けることで、ムダ毛が生えてこなくなり、そのうちお手入れが一切いらなくなれば、脱毛クリームを使用するよりも長い目で見るとコストパフォーマンスが高いのもメリットだといえるでしょう。

この章のまとめ

  • 脱毛クリームはムダ毛を溶かしてきれいにする「除毛」効果のあるクリーム
  • カミソリよりもきれいに仕上がり、肌への負担が少ない
  • 除毛なのでお手入れを継続しなければならず、コストがかかる点がデメリット
  • 刺激臭が強く、肌の弱い人は肌荒れを起こすなどのリスクがある
  • 家庭用脱毛器ならお手入れの手間が減り、肌への負担もかなり少ない
  • 家庭用脱毛器は、処理を続けることでムダ毛が生えて来なくなるのでおすすめ