優秀な女性用シェーバーのデメリットとは?

女性用電気シェーバーで綺麗にムダ毛を処理するコツ!



ムダ毛を脱毛サロンでお手入れすることがかなり身近になってきた反面、やはり人に見せたくないので自己処理をしたい、という女性も少なくないようです。

自己処理のアイテムは実にさまざまなものがあり、除毛や脱毛、脱色、剃毛など、それぞれの処理方法に合わせていろいろな製品が販売されています。


手軽なのはやはり剃毛で、カミソリなどで処理している人が一番多いのではないかと思いますが、女性用の電気シェーバーも販売されていて、その使い心地が気になるところです。

ここでは、女性用電気シェーバーの効果や使用方法、メリットとデメリットなどについて解説しています。


女性用電気シェーバーの特徴



女性用電気シェーバーは、その名の通りムダ毛を剃るアイテムです。わざわざ電気シェーバーを買わなくても、カミソリで剃ってしまえばいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

カミソリは直接刃を肌に当てて剃毛しますが、電気シェーバーはシェーバーを当てて、肌に直接刃が当たっている状態とは異なるため、肌への負担が少なく安全性が高いという特徴があります。


デザインもかわいらしいものが多く、手軽に持ち運びできるので、いつでもどこでもさっとシェービングできますが、細いムダ毛は剃りにくい構造となっているので、よりしっかりお手入れしたい人は、カミソリなどと併用して使っている人が多いようです。


電気シェーバーでムダ毛は綺麗に処理できる?その方法は?


性能の良い電気シェーバーを選ぶのがポイント

電気シェーバーにもいろいろな種類があり、手頃なものから意外とお高いものまでさまざまです。安いものは性能が低い、というわけではないと思いますが、実際に製品を手にとってみて、しっかり機能すると感じたものを購入されることをおすすめします。

性能の低いものになると、剃毛効果が低くシェーバーの中でムダ毛が絡んで、引き抜けてしまうこともあります。口コミなどをチェックして、評判のよいものから使ってみるというのもひとつの方法です。

シェービングローションを使用して安全性を高める

肌への負担を減らし、より安全に使用するためには、シェービングローションを使用するとよいでしょう。ローションは男性用でも女性用でも、どちらも大丈夫。

手軽に購入できるものを使用しましょう。使用することで肌への負担を少なくし、より安心してムダ毛を処理できます。


手元にシェービングローションがないという人は、ベビーパウダーでも代用可能ですが、ローションを塗った状態では使用できない電気シェーバーもありますので、取扱説明書をしっかり確認した上で使用してください。

シェービング後の肌は敏感になっていますので、保湿ローションなどでのアフターケアも忘れずに。

長い毛はカットした上で、まっすぐシェーバーを当てる

電気シェーバーは、ムダ毛が長いとシェーバーにうまく当てることができず、剃毛効果が低くなってしまうことがあります。長い毛は事前にカットし、短くした状態で使用しましょう。

常に手軽に使用するためには、こまめにシェービングをして、ムダ毛が長い状態を作らないことがポイントです。


短いムダ毛にまっすぐ電気シェーバーを当て、毛の流れに沿ってシェービングしていきます。

ムダ毛はその部分によっていろいろな生え方をしていますが、毛穴から垂直にまっすぐ生えているということはあまりなく、毛穴の向きに沿って流れをつくって生えていますので、その流れに沿ってシェービングしていきましょう。


電気シェーバーのメリット


肌への負担が少ない

カミソリや除毛クリームと比べると、電気シェーバーは肌への負担が少ないので、敏感肌の人でも比較的安心して使用できます。もちろん前後のケアは必要ですが、直接カミソリの刃を当てて剃ることを考えると、電気シェーバーの安全性は分かりやすいですよね。

コストが低いので手軽に購入できる

電気シェーバーは家庭用脱毛器やサロンでの脱毛と比べると、かなり値段がお安いので、手軽に購入して使用できるというメリットがあります。

使い捨てではないので、カミソリよりも長い期間使用でき、壊れてから買い換えるまでの期間はかなり長いです。買い替えながら使っても、大きな出費にはならない点は、メリットだといえるでしょう。


電気シェーバーのデメリット

肌にまったく負担を与えないわけではない

カミソリよりも肌への負担は少ないものの、まったく負担がかからないというわけではないので、肌が敏感な人は肌荒れを起こしてしまうことがあります。

また、持ち歩いて外出先で使用する場合、海水浴やプールなどの前に使用すると、毛穴が開いた状態で細菌に感染してしまうというリスクがないとは限りません。外出先でも手軽に使用できるアイテムですが、海水浴などの直前には使用されないことをおすすめします。

すぐにムダ毛が生えてくるので、こまめなお手入れが必要

電気シェーバーは安全性が高い分、深剃りをしないので、沿った後にムダ毛のザラザラ感が残ってしまう場合があるようです。

もちろんきれいに剃れることもあるのですが、見た目も深剃りできるカミソリと比べると仕上がりが悪く、きれいに処理できないと感じてしまう様子。


また長い毛同様、細い毛は剃りにくいため、しっかりお手入れしたいという人には不向きかもしれません。

電気シェーバーは手軽に使用できるおすすめのムダ毛処理アイテムですが、ムダ毛が多い人はきれいに処理しきれないなど、デメリットもあるようです。


ある程度しっかりしたムダ毛が少量生えている、という人であれば、電気シェーバーのみで満足のいくお手入れができると思われます。自己処理でのムダ毛処理方法の中では一番といえるほど肌への負担は少ないので、敏感肌の人はぜひ使ってみるとよいでしょう。

この章のまとめ

  • 電気シェーバーはコンパクトで手軽に使えるムダ毛処理アイテム
  • カミソリよりも肌への負担が少なく、コストも低いメリットがある
  • 肌への負担はまったくかからないというわけではないという点はデメリット
  • 深剃りできないため仕上がりが悪く、すぐにまた生えてきてしまうデメリットも
  • 電気シェーバーはムダ毛が少ない人におすすめ