ムダ毛は処理できても肌が汚くなったら意味がない・・・

肌荒れしない脱毛器ってある?

ムダ毛を抜いたり剃ったりという自己処理は、面倒な上に肌への負担が大きいのです。かといってクリニックやサロンに通う余裕もないので、そうなると便利で頼れる存在が家庭用脱毛器です。

時間に左右されず自宅で処理できるのが魅力で、最近では脱毛器の機能性も向上して、以前より購入しやすい価格になりました。各メーカーが競ってさまざまな機種を出しているのも、家庭用脱毛器に対するニーズの高さが反映されているといえます。


しかし、便利で効率よく脱毛できるのは魅力的ですが、中には機械を使うことによる肌荒れに、不安を感じる人もいるでしょう。その点に関しては、正しい使用方法を守れば、基本的に肌荒れの心配はありません。ただ、ソイエをはじめ抜くタイプに関しては、肌にかなりの負担がかかってしまいます。

強引に毛を引っこ抜くのですから、皮膚が引っ張られて鳥肌のようになったり、荒れた肌が毛穴を塞いで、埋没毛になってしまいます。もし埋没毛を処理しようとすれば、毛抜きやカミソリで皮膚を傷つけてしまうのです。脱毛後のリスクを考えたら、毛を抜くタイプは使用を避ける方が無難といえます。


最近はフラッシュ脱毛が主流ですが、こちらは安全性が高く肌荒れの心配もありません。痛みもほとんど感じませんし、肌への負担も最小限で機能性の面でも非常に優秀です。光による脱毛という点はレーザーと同じですが、レーザーは強い光で痛みも感じるため、おススメなのは刺激の少ないフラッシュ脱毛です。

フラッシュ脱毛で使用するのは、インテンスパルスライトという光です。遠くに離れるほど拡散するという特殊な波長を持ち、光をカメラのフラッシュのように照射することで、肌にダメージもなく、光エネルギーを毛根に集中させることができます。


毛根が受けた熱により、毛は老廃物として抜け落ちるという仕組みです。毛は再び生えてきますが、生えるまでの期間は長くなり、毛質も細く弱くなってきます。個人差はあるものの、効果は約一か月間といわれており、そこからは毛根が死滅するまで照射を繰り返し行うことが必要です。

また、肌質に合わせて出力レベルを調整できますので、最適な処理が可能になります。


フラッシュ脱毛によるメリットは、ビキニラインや顔のうぶ毛など、従来は難しかった部位にも使用できることです。しかも毛根から処理することにより、ムダ毛を処理できるだけではなく、毛穴をキュッと引き締める効果と、キメが整って綺麗な素肌が実現します。

脱毛と同時に美肌が手に入るのは嬉しいし、女性にとって救世主のような存在ですね。