抑毛にも健康にも良い食生活とは?

ムダ毛を薄くしたい!抑毛に良い食べ物とは?

女性にとってムダ毛は大敵!!できることなら、ムダ毛処理なんて面倒なことはせずに楽したいものですよね。

「だったら、ムダ毛が自然と薄くなってくれれば問題ないのでは?」と思い、色々と調べてみたところ食生活の改善でも少しは抑毛効果があることがわかりました。


食生活でのムダ毛改善は確かに時間はかかりますし、目に見えるほどの効果もすぐに実感できるわけではありません。でも、何もしないよりはマシだと思いませんか?

少しでもムダ毛が薄くなってくれれば、ムダ毛処理も楽チンです。「継続は力なり」の言葉通り、コツコツと続けていけば将来は「やったー!前よりずっと目立たなくなった!」と喜ぶ日がくるかもしれません。

というわけで、抑毛効果が期待できる食べ物をご紹介してみましょう。


まず、ムダ毛の原因は、男性ホルモンが作用していることはご存知の方も多いと思います。それならば、男性ホルモンを抑制して、女性ホルモンの分泌を高めればいいわけですよね。

女性ホルモンの代表格であるエストロゲンと似た働きをする植物エストロゲンの「大豆イソフラボン」を摂取することを意識してみてください。例えば、豆腐や納豆、きなこ、豆乳、味噌など大豆を原料とした食品です。


でも、エストロゲンの代用食は大豆イソフラボンに限ってはいません。果実のザクロや、芽キャベツにも多く含まれているのですよ。

そして、ビタミンEも女性ホルモン分泌には欠かせません。例えば、アーモンドなどのナッツ類、鯛や海老などの魚介類、鱈子やイクラといった魚卵にもたくさん含まれています。野菜では赤ピーマンや南瓜にも多く含まれています。


ビタミンEは生殖機能を正常にし、ホルモン分泌をコントロールしてくれる働きがあるので、大豆イソフラボンと同様に積極的に体内に獲り入れることをオススメします。

また、肉類中心の食生活の人は野菜中心の食生活にチェンジすると抑毛効果アップに繋がるでしょう。なぜならば、肉類に含まれている過酸化脂質は、ムダ毛が増える原因でもあるからです。ですから、肉類を控えて植物性たんぱく質を多くするだけでも違ってくるはずです。


一番いいのは、伝統的な日本食を毎日3食きちん食べることですね。できれば、食べる時間帯も毎日決まった時間にすることが理想的です。日本食は低インシュリン食物が基本です。ムダ毛の増加の原因には、インシュリン分泌食物を多く摂取することも原因として挙げられます。

ですから、ムダ毛を増やしたくなければ低インシュリン食物を基本食にするといいでしょう。例えば、白米ではなく玄米に変えてみるとか、ひじき煮物やほうれん草のおひたし、蕎麦、さつまいもなどを食卓に並べるといいですね。


このように昔から受け継がれてきた日本食を基本にした食生活にすることで、ホルモンバランスも自然と整ってきてムダ毛が薄くなることも期待できますし、ダイエットにもなるので一石二鳥となるでしょう。