脱毛効果はあるけど、副作用なんてあるの?

家庭用脱毛器は安全なの?リスクや副作用はないの?



家庭用脱毛器というと、昔は機械に毛を絡めて抜くタイプのものが主流でしたが、最近は脱毛サロンで行うような光脱毛、レーザー脱毛といった施術を自宅で行える家庭用脱毛器がいろいろと販売されていますね。

脱毛サロンに通うよりも安価ですし、気軽に自宅で好きなときにお手入れできることから、購入を検討する人は少なくありません。


けれど、本来であれば脱毛サロンでプロの施術を受けるべき光脱毛を自宅で行うことに対して、トラブルや副作用などの心配をする人もいるようです。

ここでは、家庭用脱毛器における副作用の有無や、安全な使い方について解説しています。


【本当に安全?】家庭用脱毛器の仕組みや効果は?


家庭用脱毛器はどうやってムダ毛を脱毛するの?

前述した毛を抜き取るタイプの家庭用脱毛器ではなく、光脱毛やレーザー脱毛の技術を用いた家庭用脱毛器は、脱毛サロンや美容皮膚科などで行われているものと同様の仕組みで脱毛することができます。

カートリッジをつけて脱毛したい部分に特殊な照射すると、光が毛根のメラニンに反応して熱を発生させます。


この熱によって、ムダ毛が生えてくる機能を焼いて破壊するという技術です。これは、光脱毛もレーザー脱毛も同じ仕組みになりますが、レーザー脱毛のほうが光が強いので、脱毛効果が高いという特徴があります。

ちなみに、脱毛サロンやクリニックで使用されている脱毛マシンと比較すると、家庭用脱毛器の光の強さは弱めに構成されています。


このため、プロ用の脱毛マシンと比較すると脱毛効果はゆるやかですが、その分安全に利用できるという点がメリットです。

光を調節すれば脱毛サロンと同様の効果が得られる製品もある

家庭用脱毛器は脱毛効果が緩やかであると前述しましたが、製品によっては光の照射レベルを調節できるものがあり、それらを使って最高レベルの出力でお手入れをすれば、光脱毛サロンと変わらないくらいの効果を得ることも可能なようです。

もちろん、痛みにあまり強くない人は弱い出力で施術を進めることができますし、自分にちょうどよい出力を試しながらお手入れできる点は、家庭用脱毛器のメリットだといえるでしょう。


脱毛器のリスクや副作用はないの?


正しい使用法を守れば副作用はない

光脱毛や医療レーザー脱毛の副作用として、炎症が起きたり、やけどのような状態になってしまうことなどが挙げられますが、家庭用脱毛器においては、正しい使用法で利用すれば副作用が起きることはまずないと考えてよいです。

直接肌に触れて脱毛をするものではないので、肌に傷がついてしまうということもありませんし、医療レーザー脱毛と比べれば光はかなり弱いため、肌に負担を欠けてしまうこともほとんどないといってよいでしょう。


とはいえ、家庭用脱毛器で脱毛を行う上で、一時的に毛根には70度近い熱が加えられます。これは人間の皮膚に触れるとやけどにつながる恐れのある温度です。

なのにどうして家庭用脱毛器はやけどの心配がないのでしょうか。これは、脱毛器に採用されている技術によるもので、「IPL」という光は、ごく短い時間のみ毛根に熱を与えるため、やけどになるまで肌に熱が加わることがありません。


では、絶対に脱毛しないのかというと、ここで「正しい使用方法」が重要になってきます。

家庭用脱毛器で照射される光は、1回当たる分にはやけどなどの心配はありませんが、同じ場所に何度も連続して光を照射していまうと、短い時間のみ熱が加わっている状態ではなくなってしまうので、やけどの可能性が出てきてしまうのです。


各製品に記載されている照射頻度を必ず守り、適切な使用をすれば、やけどの心配は無用です。


誰でも使えるの?脱毛器の安全な使い方


家庭用脱毛器を使わない方がよい人

基本的に、家庭用脱毛器の使用においては各製品の説明書をよく読み、それに準じた形で利用するのが望ましいです。

こうしたことを踏まえた上で、家庭用脱毛器を使用することが適さない人は、妊婦さんや脱毛器の使用方法を理解できない小さなお子さん、高齢の方などが挙げられます。


妊婦さんは妊娠前と体の状態が異なっている場合が多く、これまではトラブル知らずの強い肌だったという人でも、妊娠後急に敏感肌になってしまうということがあります。

家庭用脱毛器は安全性の高いものですが、予測できないトラブルを発生してしまう可能性も考えられますので、使用は避けたほうがよいでしょう。恐らく製品の説明書にも記載があると思われます。


また、家庭用脱毛器は子どもの使用も問題ないものがありますが、操作を十分に理解できないほど小さなお子さんが使用するのは危険です。製品について理解ができるお子さんでも、小さな子どもが使用する際には保護者が必ず同席した上で使用するのが望ましいですね。

同様に、機械の操作が不得意な高齢者の方も、誤った方法で使用してしまうことが考えれるため、使用を控えることをおすすめします。

鼻から上のお手入れはNG



製品によっては顔全体に使用できるものもあるようですが、基本的に家庭用脱毛器は鼻から上のお手入れは避けたほうがよいとされています。

これは、前述した脱毛のしくみが関係していて、照射する光が毛根のメラニンに反応するわけですが、眼球の黒目の黒い色素もメラニンによるものなのです。


このため、照射した光が黒目に当たってしまうと、メラニンに反応して黒目に熱が発生してしまい、最悪の場合失明してしまうということにもなりかねません。

製品によっては、鼻上のお手入れに関係なく、目を守るためのサングラスが付属しているものがありますので、サングラスがある場合は必ず着用した上でお手入れしてください。


同様に、赤ちゃんなどが側にいると、予測しない動きをして光を照射してしまうということもないとは限りませんので、周囲の安全も確認した上でお手入れすることを意識しましょう。

ほくろやシミはカバーした上でお手入れする

黒目のメラニンと同じように、顔を含めた体のシミやほくろは、メラニン色素によるものです。このため、シミやほくろに光が照射されてしまうと、メラニンに反応しすぎてやけどをしてしまったり、かなり強い痛みが出てしまうことがあります。

小さいものであれば問題ありませんが、目立つシミやほくろがある場合は、白いマスキングテープなどでそれらをカバーした上でお手入れしましょう。

この章のまとめ

  • 家庭用脱毛器は光を照射し毛根のメラニンに反応させて脱毛を行うという仕組み
  • 正しい使用法を守っていれば、副作用などの危険性はない
  • 妊婦や小さい子ども、高齢者などは家庭用脱毛器の使用を避けたほうがよい
  • 鼻から上はお手入れせず、付属のサングラスがある場合は必ず着用すること
  • 目立つシミやほくろがある部分はカバーをした上でお手入れする