脱毛のために子供を人に預けるのもね・・・

子供が小さいので脱毛サロンに通えない…ママたちにお勧めのムダ毛処理とは?



育児中の女性は、ムダ毛の処理をする時間がなかなかとれないのではないでしょうか。

カミソリなどを使ってお手入れする場合、一定の時間集中して行わなければなりませんが、一瞬でも目を話すと危険な赤ちゃんを置いてほかのことに集中することは難しいもの。


赤ちゃんのお世話にかかりきりになっているうちに、気づけば今までにないほどムダ毛を放置してしまっている、というママさんも多いようです。さらに、産後体毛が増えたことに悩むママさんも少なくなく、女性としての自信をなくしてしまいそうになりますよね。でも大丈夫です。

こちらは、そんな育児中の女性に向けたムダ毛のお手入れ方法や、体毛が増えるメカニズムなどについて幅広く解説しています。


育児中、ママのムダ毛の悩み・・・


産後ムダ毛が増えたような気がする?

妊娠を機に体毛が増えたと感じる人は多いと思います。

これは、妊娠によって女性ホルモンの状態が変わることによるもので、妊娠後期になると、「エストロゲン」という卵胞ホルモンや「プロテスゲン」という黄体ホルモンの分泌が盛んになり、これによってメラニンの働きが強くなり、ムダ毛が濃く、太くなってしまいます。


メラニンが活発になるので、ワキや乳首の黒ずみが目立つようになる人も多いです。

体毛や色素沈着については、出産後落ち着く人もいるようですが、妊娠前よりも増えた状態のまま、という人も少なくありません。

育児中のムダ毛処理はどうしてる?

赤ちゃんがいるととにかく時間がないので、ムダ毛を処理する余裕もなかなかないと思われますが、ママさんたちはどのようにムダ毛のお手入れをしているのでしょうか。

ムダ毛がそこまで多くない人は、赤ちゃんと一緒にお風呂に入り、赤ちゃんをバスチェアなどに座らせた状態で、カミソリでささっと剃ってしまうそうです。


手足などお手入れする範囲が広い人は、一緒にお風呂に入っている時に処理する時間がとれないので、赤ちゃんをお風呂に入れてから家族に見ていてもらい、自分はお風呂に入り直して処理する、という人もいます。

お風呂での処理は無理、という人は、水に濡らさなくても使える電気シェーバーを購入したり、脱毛テープなどを活用して処理しているとのこと。


皆さんいろいろな工夫をしながらムダ毛をお手入れしているようですが、夏場はどうしても気になるので頑張って処理するものの、冬になったら見えなくなるので、まったく処理しないまま放置してしまっているという人も多いようです。


育児の合間に脱毛サロンに通いたいけど・・・


子連れのサロン通いはNGのところがほとんど

カミソリで剃っていても、すぐにまた新しいムダ毛が生えてきてしまうので、脱毛を検討するママさんもいます。

最近かなり普及している「光脱毛」は、かなり安価で気になる部分のお手入れをすることができますし、お手入れを続けることでムダ毛が生えて来なくなり、将来的にお手入れが不要なるという点も魅力的です。


ワキの脱毛だけであれば、キャンペーンを利用して数100円で施術を受けることができるなど、できるだけ節約をしたいママさんにはとてもうれしいですよね。

けれど、多くの脱毛サロンは子連れでの来店をNGとしているため、赤ちゃんを見てくれる人がいない場合は通うことができません。


カウンセリングのみなら子連れでも大丈夫なサロンもあるようですが、施術している間に赤ちゃんに何かあっては困るので、子連れでの来店を控えるようにお願いされます。

サロンによっては託児スペースを設けているところもあるようですが、やはりまだまだ少ないのが現状です。


まだ子供が小さい場合は自宅で脱毛してみては?


家庭用脱毛器なら危険も少なく、自宅で不再生脱毛が可能

脱毛サロンに通えないなら、なんとか自己処理をするしかありませんが、カミソリなどを使用すると、赤ちゃんの目が話せないのはもちろんですが、もし赤ちゃんがカミソリをいたずらしてしまったら…という心配もあります。

脱毛ワックスやテープ、電気シェーバーなども有効な方法ではあるものの、ずっとそれらの製品を購入し続けてお手入れするとなると、長期間ではかなりの出費になるため、躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。


そこでおすすめなのが、「家庭用脱毛器」です。家庭用脱毛器にはいろいろなタイプがあり、以前は器具にムダ毛を絡めて抜き取るタイプのものが主流でしたが、現在は光脱毛やレーザー脱毛を自宅で行える脱毛器が多数販売されています。

刃物はついていませんし、コードを繋いで電源をいれて使用するものですので、コードを外していれば赤ちゃんが触っても作動することはありません。

家庭用脱毛器はメリットがたくさんある

こうした家庭用脱毛器のメリットは、脱毛サロンと同じ施術を自宅で行なうことができるという点です。お手入れを続けることで、徐々にムダ毛が生えてこなくなり、最終的にはお手入れの必要がなくなります。

カミソリや脱毛ワックスなどは一時的な処置になりますが、不再生脱毛を自宅で行うことができるのは、思うように外出できないママさんにとって、とてもありがたいですね。

また、カミソリのように直接肌に触れるものではないので、産後の敏感な肌にも使いやすいのが魅力


カミソリやワックスで肌荒れを起こしてしまうという人も、家庭用脱毛器なら肌に負担をかけないので、安心して使用できます。

また、お風呂でなくても使用できるので、赤ちゃんが眠っている側で手軽にお手入れできるのも助かります。きちんと管理していれば、赤ちゃんが触ってしまっても大きな危険がないというのもうれしいですね。


本体の価格が高いということを気にする人もいますが、確かに最初に購入するときの金額はほかの脱毛アイテムと比べると高いけれど、何年もワックスやカミソリを購入する費用を考えたら、最終的にムダ毛が生えてこなくなることを加味すれば結果的にはお得になります。

育児中でもムダ毛をきちんとお手入れして、きれいなママさんでいたいという方は、ぜひ家庭用脱毛器の導入を検討してみてはいかがでしょう。

この章のまとめ

  • 妊娠中や産後はホルモンの影響でムダ毛が濃くなる
  • カミソリなどの処理には限界があり、冬場のムダ毛は放置しているママさんも多い
  • 脱毛サロンは安価で不再生脱毛ができるが、ほとんどのサロンが子連れNG
  • 家庭用脱毛器なら、光脱毛と同じ施術を自宅で行えるのでおすすめ