骨が出てるとこって肌を削りやすいんだよね・・・

黒ずんだ膝を綺麗に!自宅でお手入れする方法は?



普段はあまり意識しないのですが、夏場など手足を露出する機会が増える季節になると、膝小僧の黒ずみが気になる、という人は多いのではないでしょうか。

肌が白い人ほど黒ずみが目立つので、日焼けNGな日本では、意外と膝小僧が黒ずんでいる女性が目立つように感じます。

ここでは、膝小僧の黒ずみの原因や予防方法、また改善方法などについてご紹介しています。


膝小僧が汚い・・・その原因は?


外部的刺激による摩擦

正座など膝をつく姿勢をすることが多かったり、雑巾がけなどで膝を擦りながら移動するなど、膝に摩擦を与えることで黒ずみができている人がとても多いです。

これは一時的なものではなく、子供の頃からの蓄積によるケースも少なくないので、こうしてできた黒ずみは改善が難しい場合もあります。

摩擦によって黒ずみができるのは、摩擦から肌を守ろうとするためにメラニンの分泌が盛んになるためだといわれています。

乾燥による黒ずみ

顔などの肌も同様ですが、ひどく乾燥してしまうと肌が敏感になり、日焼けしやすくなります。膝小僧も同様で、乾燥することにより紫外線の吸収が激しくなり、日焼けという形で黒ずんでしまうことがあるようです。

顔と違ってボディの保湿はおざなりになりやすいので、黒ずみができてしまうのもわかるような気がしますね。

もちろん、乾燥以外でも日焼けによって膝小僧が黒ずんでしまう場合もあります。

膝小僧のムダ毛が多い

人によって毛量は異なりますが、意外と膝小僧にムダ毛がたくさん生えているという人は多く、ムダ毛が黒ずんで見えていることがあるようです。また、カミソリ処理による摩擦で黒ずみが出来ている場合もあります。

ワキなどのお手入れは念入りでも、膝小僧はあまり気にしていない人も多いので、気づけばかなり膝小僧が汚い…、という人も。


きれいな膝小僧を手に入れるには?


摩擦を起こしやし姿勢を避ける

一番気をつけたいのが、膝を立てた状態の姿勢で移動したり、正座をするなどといった摩擦を起こしやすい行為を避けることです。

生活の上でどうしてもしなければならないことがある場合でも、できるだけ時間を短くしたり、膝をカバーするように気をつけましょう。

スリムなジーンズなど、硬い素材で膝部分を圧迫するようなファッションも、膝の伸縮により摩擦を起こしやすいので注意してください。

膝小僧もしっかり保湿

保湿することで肌を保護し、日焼けを防ぐ効果が期待できます。夏場は保湿だけではなく、日焼け止めを塗るなどして紫外線による日焼けを予防することも大切です。

何もしていない膝を見るとわかりますが、膝はもともと水分や皮脂を保護しにくい部分で、乾燥しやすくなっています。

ぜひ意識的に保湿を行い、肌を乾燥と日焼けから守ってあげましょう。

膝小僧のムダ毛を処理する

自分の膝を見て、ムダ毛が多いと感じた人は、ムダ毛を処理するだけでも黒ずみが解消する場合があります。

黒ずみを改善するためには、ワキや手足といった部分だけでなく、日頃から膝のムダ毛もこまめにチェックすることが大切です。


膝小僧のムダ毛処理で気をつけたいこと


カミソリでの剃毛はおすすめできない

膝小僧にムダ毛がたくさん生えているという人でも、範囲自体は狭いので、手軽にカミソリで剃ってしまうという人が多いようです。

しかし、膝は肌に丸みがあるのでカミソリを並行に当てることが難しく、肌に必要な角質までそぎ取ってしまったり、肌を切ってしまうということがあります。


必要な角質まで取れてしまうと、さらに紫外線や摩擦の影響を受けて黒ずみが悪化してしまうほか、肌が切れて傷が黒ずんでしまうということも大いにあり得ます。

さらに、カミソリも結局は膝に摩擦を起こしていることになりますので、カミソリを使うこと自体が黒ずみの原因となってしまうこともあるのです。


こうしたことから、カミソリでの剃毛はあまりおすすめできません。

とはいえ、脱毛サロンでの施術は費用が高いのがネック・・・

肌に負担をかけずに膝の脱毛をするのであれば、脱毛サロンで行われているような施術方法がおすすめです。

脱毛サロンでは「光脱毛」といった施術を採用していて、特殊な光を当てることで毛根のムダ毛が生える機能を熱で破壊するという方法で処理していきます。


しかし、脱毛サロンではいろいろなキャンペーンで安価に施術を受けることができるのですが、膝のキャンペーンはあまり行われていないので、定価で施術を受ける場合、思いの外費用がかかってしまうというリスクがあります。

全身脱毛など、ほかの部分も脱毛したいという人には適していますが、脱毛した範囲が狭い人や、人に肌を見せることに抵抗がある人には不向きかもしれません。

家庭用脱毛器なら脱毛サロンと同じ効果が得られる



肌に負担をかけず、できるだけお財布にもやさしい脱毛をしたいということであれば、家庭用脱毛器がおすすめです。

最近販売されている家庭用脱毛器は、光脱毛と同じシステムを採用しているため、脱毛サロンで受ける施術と同じ効果を得ることができます。


カミソリや脱毛ワックスと比較すると、製品の価格は決してお安くはありませんが、脱毛サロンで施術を受けるよりも安価ですし、ワキや手足など全身のムダ毛を処理することができるので、長い目で見ると経済的にもお得です。

家庭用脱毛器は肌に直接触れることなくムダ毛を脱毛できるので、当然摩擦は起こりませんし、肌に負担をかけることもありません。


製品によっては、本体につけるカートリッジを替えることで、美白効果を得ることができる脱毛器もあるため、脱毛以外の使用方法でも膝小僧の黒ずみを改善できる可能性があります。

家庭用脱毛器を購入する際は、こうした美肌効果がある製品を選ぶとよいかもしれませんね。

この章のまとめ

  • 膝小僧の黒ずみに悩んでいる女性が増えている
  • 黒ずみの原因には、摩擦や乾燥、ムダ毛が多いことなどが挙げられる
  • 黒ずみの予防と改善には、摩擦を防いで保湿をすることや、ムダ毛の処理が有効
  • 膝小僧のムダ毛を処理する際は、摩擦などの観点からカミソリはおすすめできない
  • 脱毛サロンでの施術は有効だが、思いの外費用がかかる可能性がある
  • 全身に使えて美肌効果も期待できる家庭用脱毛器での脱毛がおすすめ