背中の産毛ってけっこう人から見られているんだよね・・・

【自宅で処理派】背中の産毛を完璧にお手入れする方法をご紹介!



体の中でも自分の目で見えない部位というのはムダ毛が生えていても気づけないことも多いですよね。しかし、自分からはよく見えないものの人からは見えやすい部位もあるので注意しなければなりません。

特に夏場など薄着の季節に気になるのが背中ではないでしょうか。背中は鏡を使ってもなかなか確認しにくいだけでなく体が硬いとなかなか手も回りません。

そこで背中のムダ毛を処理するにはどうすれば良いのかについてご紹介しましょう


背中の産毛を自己処理する3つの方法をご紹介します!



いくつかの方法があるので自分に最適なものを探すことが大切です。

(1)脱毛タオル

昔からある定番の方法だともいえるでしょう。これは特殊な繊維で作られたタオルのことで、ムダ毛が絡みつく作りになっています。そのため、体を洗うだけでも効率よくムダ毛を処理できるのです。

しかし、この方法はあくまで肌の表面から出ている部分のムダ毛が処理できる方であるため、新しい毛が生えてくるのも早いといえるでしょう。頻繁に処理をしなければならないので、面倒に感じる方もいるかもしれませんね。


使い方はとても簡単で普段体を洗うのと同じように脱毛タオルで背中をこするだけ。これを面倒に感じないのであれば問題ないでしょう。費用についても1,000円以下のタオル代の費用しかかかりません。

注意しなければならないこととして、背中の毛が濃い人にはあまり向いていないといえるでしょう。


細くて短い産毛程度であれば十分に取り除くことができるのですが、中にはかなりの長期間脱毛タオルを使っているのにほとんど変化が見られないという方もいます。

効果が出るかどうかというのは使っている商品による違いも大きいので、できるだけ評判の良いものを購入しましょう。


それから、いくら脱毛効果を高めたいからといってあまりにも強くこすってしまうと肌にとって大きな負担を与える形になります。ムダ毛を取り除くためだったといっても肌荒れに繋がってしまったら意味がありませんよね。

毎日体を洗うついでに脱毛ができるという非常に魅力的な方法ではありますが、繰り返し行うと背中の色素沈着に繋がる恐れもあるので使用頻度や商品選びには注意しておいた方が良いでしょう。

(2)脱毛ワックス



薬剤を使ったムダ毛処理の方法です。背中のムダ毛が気になる部分にワックスを塗り、乾いてから勢いよく剥がすことによりムダ毛を取り除くことができます。

罰ゲームなどでムダ毛にガムテープを貼り、それを一気に剥がすとものを見たことがある方もいるはず。それと同じような原理です。


ここからもわかる通り、痛みはかなり強いといえるでしょう。

また、想像すればわかる通り、脱毛ワックスが触れるのはムダ毛のみではありません。背中の皮膚にもべったりと密着させる形になるため、肌が弱い人だとワックスの薬剤によってただれが発生する恐れがあるので注意が必要です。


肌が強い人だったとしても無理やりムダ毛を引き抜く行為なので肌トラブルに繋がる可能性もあります。

それから、脱毛ワックスというのはある程度ムダ毛が伸びている状態でなければ使えません。最低でも5mm程度は伸びていなければならないので、常にムダ毛のない美しい背中を維持したいという方には向いていないともいえるでしょう。

(3)脱毛ローラー

脱毛タオルと似たようなの原理でムダ毛の処理ができる機械です。バネ状になっている金具部分にムダ毛を絡め、抜き取る方法となります。

価格は2,000円以下のものが多いのですが、なかには何度も繰り返し行ってもあまり効果が得られないものもあるので商品選びには十分注意しておきましょう。


また、ムダ毛が気になる部分に直接へローラーを当てて処理する形になるため、体が硬い方などは難しいかもしれませんね。ムダ毛が処理できているのかというのも目で見て確認しながら進めていく必要もあります。


背中の産毛を完璧に処理するならやっぱり脱毛がおすすめ!



背中のムダ毛処理を検討しているのであれば思い切って脱毛するという選択肢もあります。その際にサロンで背中脱毛する方も多いのですが、背中というのは範囲が広いため費用も高くなりがちです。

また、背中は汗腺が多いこともありニキビなどの肌トラブルも発生しやすい部位だといえるでしょう。


そのため、サロンで人に背中を見られながら脱毛するのは恥ずかしいという方もいるはず。家庭用脱毛器であればそういった心配も必要ありません。

そこで、背中のムダ毛を家庭用脱毛器で処理する魅力などについてご紹介しましょう。


家庭用脱毛器というのは黒い色に反応する光脱毛器というものが主流で脱毛サロンなどで行うものと仕組みは同じです。

エステに比べると出力が弱いため脱毛が完了するまでに時間がかかってしまいますが、自分で好きなタイミングに脱毛ができるというのは大きなメリットだといえるでしょう。


サロンに通う場合、サロン側の営業時間に合わせて予約を取らなければなりませんよね。人気サロンだと自分が希望している時間帯になかなか予約を取ることができず、思うように脱毛が進まないケースもあります。


家庭用脱毛器であれば仕事が終わって帰宅してからゆっくり家で脱毛することも可能なので、自分のタイミングで脱毛ができるのは嬉しいですね。

家庭用脱毛器というと高いのでは…と思うかもしれませんが、たくさんの部位の脱毛をしたいと思っているのであれば脱毛サロンに通うのと比べてお得な場合も多いです。


それに背中は範囲が広いということもありサロンの場合も料金が高めに設定されているのですが、家庭用脱毛器であれば一度購入してしまえば背中以外のムダ毛が気になる部位も好きなだけ処理できます。

1ヶ所のみの脱毛を希望しているのであればサロンの方が得をするかもしれませんが、背中以外にも脱毛したい部位がある場合は家庭用脱毛器の方が得をする可能性が高いです。


もともと背中のみの脱毛する予定でサロンに通い始めたものの、ツルツルになった背中を見たら他の部位のムダ毛も気になって結局その他のプランも契約してしまった…という方も多いので、家庭用脱毛器も検討してみてくださいね。

自分で背中の脱毛はできる?



家庭用脱毛器というのはムダ毛が気になる部位に特殊な光を当てることにより脱毛効果が得られるものです。しかし、何度も同じところに続けて照射しないように注意しなければなりません。

背中の脱毛を行う場合、自分1人でやるのはなかなか難しいと思っておいた方が良いかもしれませんね。できることならば家族や友人にやってもらったほうが確実です。


近年はムダ毛が気になる家族や友人と脱毛器をシェアする方も増えてきました。何人かでお金を出し合えば脱毛器の購入費用も抑えることができますよね。

なかなか脱毛器を使った背中のムダ毛処理をお願いできる人がいない…ということであれば照射範囲が広いタイプの脱毛器を選びましょう。


どの脱毛器を選ぶかによって照射範囲は大きく違います。照射範囲が小さいものを選ぶと打ち漏れも発生しやすくなるので、自分ひとりで背中に照射したいと思っているのであれば照射範囲にもこだわってみてくださいね。

痛みに弱いという方も家庭用脱毛器であれば自由にレベルの調整ができるので安心です。

この章のまとめ

  • 脱毛タオルは使い方が簡単で費用も安く済む
  • 脱毛タオルは繰り返し行うと背中の色素沈着に繋がる恐れもある
  • 肌が弱い人に脱毛ワックスは向いていない
  • ムダ毛が伸びている入隊でなければワークスによる処理はできない
  • 背中のムダ毛処理に最もおすすめなのは家庭用脱毛器