カミソリ処理は肌へのダメージがすごいんです・・・

肌の赤みやぶつぶつを作らない、肌に優しいムダ毛の処理法は?

女性にとってムダ毛はとっても気になるものですよね。ついつい自己流でカミソリで剃ってみたり、毛抜きで抜いたりという自己処理をしてしまう方も多いのではないでしょうか?

でも、そんな自己処理の後、肌が赤くなったり、鳥肌のようなぶつぶつが出来てしまったりしませんか?


何故、そんなトラブルが肌におこるかというと、それは皮膚組織(角質層など)の破壊が原因なのです。そうなのです‥肌の赤みやぶつぶつは組織破壊によって発生してしまうんです。

<関連記事>
泡脱毛器のメリット・デメリット



カミソリでのムダ毛処理は、ムダ毛と一緒に肌表面の角質層までも刃で削ってしまいます。角質層の役割は、外的刺激から肌を守ることです。その角質層が削られるとで、肌が敏感になり少しの刺激にさえ過敏に反応してしまい、赤みなどが発生してしまうのです。

毛抜きの場合は、毛根を抜くことで細胞を一緒に剥がしてしまうことで炎症を起こし、赤みの原因になったりします。また、毛を抜く時に皮も同時にひっぱってしまうので、肌に凹凸ができてしまいます。

<関連記事>
ムダ毛処理、やってはNGなこと



これが、毛抜きによってできる鳥肌のようなぶつぶつ状態になる原因でもあります。そうやって傷めた肌が固くなって、やがて成長してきた毛が皮膚表面からでられなくなってしまいます。それを抜き出そうと無理やり毛抜きを使うと、そこから菌が入って炎症することもあります。

このように、ムダ毛の自己処理にはダメージがつきものです。角質層が正常になるには約2週間かかります。ムダ毛処理は、この期間よりも短期間で行うでしょうから、皮膚が回復されないうちに再度傷めてしまうので悪循環なのです。

<関連記事>
脱毛器と除毛器、どちらを買うべき?



これが、慢性的な肌の赤みやぶつぶつとなってしまうのです。この状態を緩和するには、肌へのダメージが大きすぎる「カミソリや毛抜きでのムダ毛処理を行わない」のが一番です。

しかし、ムダ毛処理をしないわけにもいきませんよね。かといって、肌へのダメージは与えたくないもの。そこでオススメしたいのが、家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は自宅で簡単にムダ毛処理できる優れものです。カミソリなどでのムダ毛処理の場合、短期間ですぐに生えてくるので油断できません。


でも、家庭用脱毛器はエステと同レベルの効果が期待できますので、頻繁にムダ毛処理する必要がないのです。そして、とってもスピーディーに処理できますし、何といっても肌に優しいのが特徴です。

ですから、これまでカミソリや毛抜きで処理して肌荒れが気になっていた方は、その効果にきっと驚かれることでしょう。