ほくろが多い方は要注意!

家庭用脱毛器、ほくろが多い人が気を付ける注意点は?



最近は家庭用脱毛器も大きな変化を遂げ、脱毛サロンで行われている光脱毛と同じ仕組みでのお手入れを、自宅でも行えるようになりました。

サロンに通うよりも費用が低く済み、またVIOラインなどの人目に触れたくない部位のお手入れも自分でできるので、活用している人が増えているようです。


ただ、サロンではプロが施術を行ってくれますが、自分で施術をするとなると気になる点がいくつかあります。そのひとつがほくろ部分やほくろ付近の脱毛についてです。

ここでは、家庭用脱毛器を使用したほくろのある部分の脱毛について解説しています。


ほくろが多いけど、脱毛ってできるの?


光脱毛ではほくろのある部分は施術をしない

光脱毛を提供しているサロンや、医療レーザー脱毛を行っている美容皮膚科などでは、基本的にほくろがある部分の脱毛は行いません。

これらの脱毛方法は、特殊な光が毛根でムダ毛を作っているメラニンに反応し、メラニンが熱を発することでムダ毛の再生機能を破壊するという仕組みで脱毛します。


ほくろの色素もメラニンなので、光を当てるとほくろにも反応してしまい、熱を発して痛みが強くなってしまうのです。

痛みが強くなるだけならまだしも、毛穴のメラニンよりもほくろのほうが反応が強いので、発生した熱によってやけどをしてしまう恐れもあります。


このため、脱毛サロンやクリニックでは、ほくろの部分に専用のシールを貼って光が当たらないようにカバーをした上で施術を進めています。

ほくろがある部分も施術してしまうとどうなるの?

ほくろがある部分をカバーせずに光脱毛を行った場合、前述したようにやけどを負い、水ぶくれなどのケガに発展してしまう可能性があります。

やけどのみならず、「メラノーマ」と呼ばれるほくろのガンを誘発してしまう可能性もないとは言い切れないので、とても危険です。家庭用脱毛器で脱毛する場合も、ほくろのある部分はお手入れしてはいけません。

たまに、家庭用脱毛器でほくろの部分もお手入れしてしまったら、ほくろが取れて好都合だった、という口コミを見かけることがありますが、素人がほくろを触ることはとても危険ですので、真に受けないようにしましょう。

ほくろやほくろ付近を脱毛したい場合

「ニードル脱毛」と呼ばれる脱毛方法は、メラニンに反応させて脱毛をするのではなく、ひとつひとつの毛穴の奥に直接針のようなものを刺して熱を加え、ムダ毛の再生機能を破壊していきます。

このため、ニードル脱毛はほくろの有無に関わらず施術できるので、ほくろがあっても脱毛に支障はありません。


ただし、施術自体にかなりの痛みが伴う上に、費用も高いので、手足など全身の脱毛をしたい人には不向きです。

光脱毛では、「たまにハイパースキン脱毛」と呼ばれる施術を提供しているサロンがあります。ハイパースキン脱毛は、敏感肌やアトピー肌をはじめ、ほくろがある部分の脱毛が可能なので、こうした施術ではほくろのある部分も施術することが可能です。


また、医療レーザー脱毛で「アレキサンドライトレーザー」という脱毛マシンを使用している場合、小さなほくろであれば施術することが可能で、その上レーザーの照射によってほくろが消えてしまうこともあります。

専門家が行う施術であれば、それぞれのほくろに対して施術をしても問題ないかを正確に判断してもらえるので安心です。


家庭用脱毛器を使用する場合はどう対処すればいい?


白いマスキングテープを貼った上でお手入れする

脱毛サロンでは、ほくろをカバーするための専用テープを使ってほくろを隠してくれますが、家庭用脱毛器を使う人は、こうしたアイテムは付属されていません。

しかし、必ずほくろをカバーした上でお手入れしなければいけないなら、どのように対処すればよいのでしょうか。


家庭用脱毛器を使用する場合は、ドラッグストアに白いマスキングテープが販売されていますので、そちらを購入してほくろの上に貼り、お手入れに入ります。

家庭用脱毛器の光は白に反応しないので、ほくろに反応して痛みが出たり、やけどをしてしまうことはありません。


マスキングテープを貼るときは、ほくろがしっかり隠れるようにある程度余裕を持った大きさにカットすることをおすすめします。

ただし、あまり大きくカットしてしまうと、その部分の脱毛ができないので、ほくろの大きさを考えながら適度な大きさを見つけてください。


ほくろからムダ毛が生えている場合は?


ほくろから生えているムダ毛は処理しない

ほくろからムダ毛が生えているという人は意外と多いかと思いますが、テープでカバーした上からお手入れをしても、当然ながらほくろから生えている毛は脱毛できません。

では、どうしてもほくろから生えている毛が気になる場合はどうすればいいか、というと、脱毛などの処理は基本的に行わないほうがよいとされています。


ほくろをあまり触ってしまうと、前述したような病気を招いてしまう恐れがありますので、どうしても長い毛が生えていて気になるということであれば、ギリギリまでハサミでカットするなどの処置にとどめ、あまり執拗に触らないようにしましょう。

ほくろ除去と合わせて皮膚科に相談する

ほくろから生えている毛は、意外と太く目立つものも多いので、どうしてもなんとかしたいと思う人もいるかもしれません。そのときは、皮膚科などにほくろの除去を相談するというのもひとつの方法です。

美容皮膚科であれば、ほくろの除去と同時に生えている毛の処理をしてくれます。

ほくろがたくさんあって、全部カバーしていたら気になる部分の脱毛ができない、ということであれば、家庭用脱毛器ではなく美容皮膚科で提供している医療レーザー脱毛とほくろの除去を合わせておこなうことも検討してみてください。

この章のまとめ

  • 多くの脱毛サロンでは、ほくろ部分の脱毛は行っていない
  • サロンではほくろの上に白いテープを貼った上で施術を行っている
  • ほくろの脱毛はやけどや病気を招く恐れがあるためとても危険
  • 家庭用脱毛器を使用する場合も、白いマスキングテープを貼った上でお手入れする
  • ほくろの毛が気になる人は、ほくろの除去と合わせて皮膚科に相談してみよう