美容外科と言えばレーザー脱毛。レーザーは産毛脱毛に向いてるの?

美容外科で産毛の脱毛ってできるの?

女性であれば誰もが気になるムダ毛。夏などの肌を出す時期になると、なおさら気になりますよね。ムダ毛の処理の仕方はいろいろありまして、自己流で剃刀などを使って処理をする人、美容外科などで人の力を借りて処理をする人、家庭用脱毛器を購入し自分で行う人などさまざまです。

イメージ的には一番きれいに処理できそうなのがエステサロンや美容外科などでの脱毛です。美容外科などではレーザーを使っているところが多く、さらには美容外科ですと医療用のレーザー脱毛が可能です。

<関連記事>
顔だけじゃなくボディも!脱毛で全身美白を目指しましょう



ただ、普通に生えているムダ毛の処理はもちろんしてくれるはずですが、背中などにある産毛は美容外科で脱毛してもらえるのでしょうか?

美容外科では、普通の毛同様産毛もレーザーで脱毛はできます。ただ、レーザー脱毛では、産毛に対しては脱毛効果が現れにくいと言われていますこれは、レーザー脱毛の仕組みによるものです。

<関連記事>
美容外科の脱毛、デメリットは痛みと価格!



レーザー脱毛の脱毛方法は、単一の方向に照射する光を利用し、肌の黒い部分にのみ反応して毛根の組織を壊します。産毛は普通の毛に比べると、色素がかなり薄いためレーザーが反応しにくくなり、結果脱毛が満足いくようなものにはなりにくいのです。

では、産毛の処理はやはり地道に剃刀で行うしかないのでしょうか。実は、家庭用脱毛器であれば、産毛の脱毛に効果が期待できるのです。


なぜ美容外科で効果がでないものが、家庭用脱毛器で効果が期待できるのか。それは、脱毛方法の違いです。最近販売されているほとんどの家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛という脱毛方法が採用されているのです。

<関連記事>
家庭用脱毛器で化粧ノリがアップ?顔の産毛はどこまでできる?



フラッシュ脱毛は、レーザー脱毛のような一点に集中した強い光ではなく、広範囲に拡散する光を利用して行います。フラッシュ脱毛は光が拡散する分、脱毛効果が弱くなるのでは?と、疑問に思うかもしれませんが、強い光ではないメリットを生かして広範囲に安全に行えるのです。

例えば産毛の目立つ顔や背中。背中は範囲が広いため、レーザーですと照射面積が限られるため、時間をかけて何度も繰り返し照射しないといけません。一度に広範囲に照射できるフラッシュ脱毛は、背中などの産毛に最適の脱毛方法と言えるのではないでしょうか。


光が弱いというのは、痛みに対しても有効です。レーザー脱毛は、やってみて痛みに耐えきれなかった人も、フラッシュ脱毛ではほとんど痛みを感じなかったという人もいるのです。

レーザー脱毛もフラッシュ脱毛もある程度継続して脱毛しなければなりません。家庭用脱毛器は、痛みが取り除かれるというのは継続する上でもっとも大事なことですね。