家庭用レーザー脱毛器の紹介

家庭用レーザー脱毛器の仕組みと効果

脱毛といえばレーザーというほど、ムダ毛ケアではよく知られているのが「レーザー式の脱毛方法」です。

脱毛に使用されるのは固体レーザーという種類で、電磁波を増幅して光を発生させる機器が用いられています。 このように聞くと少し不安になるかもしれませんが、レーザーは医療の分野でも広く使われているものですから脱毛に使用しても何ら心配はありません。


ムダ毛の毛根に照射されたレーザーは、黒色や茶色のメラニン色素にのみ吸収されるため、皮膚自体にダメージを与えることはなく、いわばピンポイントで毛根に熱量を与えて脱毛に導くというわけです。レーザー式の脱毛では、すでに成長期や休止期に入っているムダ毛を脱毛しますので、これから生えてくる体毛を脱毛できるわけではありません。

また、レーザー式は照射範囲も狭くなってくるため、脱毛に要する回数は少し多めになってきます。 そのため、1回の脱毛ではすべてのムダ毛を取り除くことはできず、段階的に脱毛ケアを行なうのが効果的な方法ということになります。


レーザー式でケアを行なった場合、機器の種類にもよりますが10回程度の処理で約9割の脱毛が可能とされています。ただし、10回以上の脱毛を行なった場合でも、休眠期のムダ毛がヘアサイクルの周期によって新たに発毛してきますから、すべてのムダ毛を脱毛できるまでは定期的にケアを行なう必要があります。

顔・腕・脚・ボディなど脱毛する部位によって体毛の数に違いがありますので、こまめに根気よくケアしていくことがツルツルですべすべの肌を手にいれる早道といえるでしょう。


家庭用の脱毛器は、自宅で好きなときに好きなだけ脱毛ケアができるというメリットがあります。まずは最もムダ毛の気になる部分の脱毛を行ない、次にノースリーブの服を着る・ビキニの水着を着るなどの前に該当する部位を脱毛したりというように計画を立ててケアを行なうと効率的にできます。

脱毛をより効果的に進めるためのヘアサイクルの知識も、前もって知っておくとさらにいいでしょう。