脱毛器でアンダーヘアの処理もできるの?

家庭用脱毛器でVライン脱毛は可能?



女性でVIOラインのムダ毛処理に悩む人は多いもの。デリケートゾーンのムダ毛をカミソリで剃ることには抵抗があるので、光脱毛などの施術を行なう脱毛サロンでの脱毛を検討する人も多いようです。

けれど、やはりあまり人に見せたくない部分になりますので、サロン通いを躊躇してしまうという人も少なくありません。


とはいえ、夏に水着を着る機会があれば、VIOラインはぜひともしっかりお手入れしておきたい場所。そこで、肌に負担をかけず、また人に見られることなく脱毛する方法として「家庭用脱毛器」の活用があります。

ここでは、VIOラインの脱毛と家庭用脱毛器の効果などについて解説しています。


Vライン脱毛したいけどサロンは恥ずかしい・・・


脱毛サロンでの施術は、かなり大部分を見られてしまう

脱毛サロンでVラインの脱毛をする際には、デリケートな部分を見られてしまうということが何よりも心配になりますよね。

IラインやOラインは、確実といってよいほど恥ずかしい部分まで見られてしまいますが、Vラインなら施術範囲だけしか見られないのでは、と期待する人もいるかもしれません。


しかし、実際に施術を受ける際には紙パンツをはくものの、Vラインでもかなり見られてしまいます

施術をしてくださるスタッフの方は、お仕事なので多くの人のVラインを見ていて、まったく気にしていないとのことですが、やはり見られる側は気になってしまいますよね。

理想の形に仕上がらないことも

脱毛サロンでVラインのお手入れをする際には、どれくらいの範囲をどんな形で脱毛するか、カウンセリング時にしっかりと相談した上で施術を行います。

しかし、実際に施術に入ったときに、思いの外広い範囲を施術されてしまい、きわどい形になってしまった、ということがまれにあるようです。

恥ずかしいという点ももちろんですが、自分で納得できる形にVラインを仕上げるなら、やはり自分の手でお手入れしたい、という気持ちになるのもうなずけます。


家庭用脱毛器でVライン脱毛は可能なの?


自宅で光脱毛の施術を行える「家庭用脱毛器」

脱毛サロンに抵抗がある人や、近隣に脱毛サロンがないという人に注目されているのが「家庭用脱毛器」です。これまで広く普及していたムダ毛を抜くタイプのものではなく、脱毛サロンと同じ光脱毛の原理を使ってお手入れができる製品が数多く販売されています。

特殊な光を照射し、毛根のメラニンに反応して熱を発生させることで、ムダ毛の再生機能をその熱で破壊するという脱毛システムです。


こうした施術は、以前は脱毛サロンや美容皮膚科、エステサロンなどでしか受けられませんでしたが、家庭用脱毛器が発売されたことにより、自宅で自分の手によって光脱毛ができるようになりました。

脱毛ワックスなどと比べると製品価格はお高いですが、Vライン以外の場所にも使えますし、光脱毛なので施術を進めることでムダ毛が生えてこなくなるので、長い目でみれば経済的にもお得です。

家庭用脱毛器でVラインのお手入れができる製品がある

家庭用脱毛器は手足やワキなどに使用するもので、Vラインには使えないのでは、と思われている人がいます。

実際に、脱毛器によってはVIOラインの使用をNGとしている製品もありますが、全身に使用できる脱毛器もたくさんあります。


代表的なものとしては、「ケノン」や「エピナード」、「ラヴィ」といった商品で、これらの商品はVラインを含めた全身のお手入れが可能です。

それぞれの脱毛器に特性があるので、家庭用脱毛器を選ぶ際には自分の好みや目的に合ったものを選ぶ必要があります。


光脱毛は、光がメラニンに反応したときに、チリッとやけどのような痛みが出ることがあるので、痛みが苦手な人はあまり光の出力が強いと耐えられないかもしれません。

けれど、あまり出力が弱いと脱毛効果も低くなりますので、最初は低いレベルでお手入れをし、慣れてきたら出力レベルを上げるなど、レベルを調節できるものが適しています。


また、製品によって光の照射範囲が異なるため、細かく脱毛をしたい人は照射範囲が狭いものでもよいですが、より効率的に脱毛を進めたい人は範囲が広いものを選ぶなど、自分の使い方に合わせて商品を選んでください。


家庭用脱毛器でVライン脱毛するメリット


カミソリで処理できない部分の脱毛ができる

ムダ毛の自己処理をしている人は、カミソリを使っている人が圧倒的に多いですが、VIOラインにカミソリを当てると、剃り残しが出たり、肌を切ってしまう恐れがあります。

特にOラインは自分で見えにくい場所なので、カミソリを当てるのはちょっと心配ですよね。


家庭用脱毛器であれば、シェーバーなどによる事前処理が必要になりますが、肌に直接触れずにお手入れすることができますので、カミソリだけでは処理しにくい部分も安全に脱毛できます。

肌に触れないので、摩擦による黒ずみやカミソリ負けなどの肌荒れが起きないという点も、大きなメリットですね、

ムダ毛が生えてこなくなる

家庭用脱毛器は光脱毛と同じ効果を得ることができるので、施術を重ねることでムダ毛が薄くなっていき、将来的にお手入れの必要がなくなります。

冬になってもきれいなVラインを保てれば、とても気分がよいものです。

人に見られたくない部分を自分でお手入れできる

冒頭で触れたように、Vラインを見られたくないために脱毛サロンに通えないという人も、家庭用脱毛器であれば自分でお手入れすることができるので、人に見られることなくつるつるのお肌を手に入れることが可能です。


ワキや手足などの部分について、ムダ毛が多いので見られたくないという人も、家庭用脱毛器で自分でお手入れできれば恥ずかしい思いをすることはありません。

恥ずかしいという理由から光脱毛ができなかったという人は、ぜひ家庭用脱毛器の導入を検討してみてはいかがでしょう。

この章のまとめ

  • Vラインを見られるのが恥ずかしくて脱毛サロンに行けない人は多い
  • 脱毛サロンではVラインをかなり見られる上に、希望の形に仕上がらないことがある
  • 家庭用脱毛器なら、人に見られることなくVラインのお手入れができる
  • 家庭用脱毛器でも、十分Vラインの脱毛効果を得ることが可能
  • 家庭用脱毛器は光脱毛と同じ効果が得られ、肌に負担をかけるずに不再生脱毛ができる