脱毛するなら、痛みがないものが良いに決まってる!

病院の脱毛・脱毛サロン・家庭用脱毛器、一番痛いのは?



昔は脱毛というとあまりその方法が選べませんでしたが、最近は脱毛サロンや美容皮膚科での脱毛、また家庭用の脱毛器など、いろいろな方法でムダ毛を脱毛することができるようになりました。

しかしそのすべてが、大小の差はあれど痛みがあるので、脱毛に躊躇してしまうという人も少なくありません。実際に脱毛サロンや美容皮膚科で脱毛の契約をしても、痛みから通い続けることができず断念してしまった、という人も多いです。


そこで、少しでも痛みが少ない方法で脱毛したいという人のために、それぞれの場所で行われている脱毛方式や、痛みの原因、痛みが少ない脱方法などについて解説していきたいと思います。


病院の脱毛、その特徴は?


病院で主に行われているのは「医療レーザー脱毛」

医療レーザー脱毛は、レーザーの光を脱毛したい部分に照射することで、毛根のメラニンに反応して熱を発生させ、毛根の機能をその熱で破壊するという脱毛方法です。

脱毛サロンのフラッシュの光と比べると光の照射レベルが強いため、医療行為とされていて医師免許のある人でないと施術を行なうことができません。

しかし、光の照射レベルが強いぶん脱毛効果が高いため、ムダ毛が濃い人やしっかり脱毛したいという人に支持されています。ただし、痛みが強くて途中で断念してしまったという人もいるようですので、痛みに弱い人には不向きかもしれません。

もっとも痛みが強いといわれる「ニードル脱毛」

ニードル脱毛は、数ある脱毛方法の中でもっとも痛みが強いといわれている脱毛です。毛穴のひとつひとつに針のようなものを刺し、その針を通して特殊な電流を流して熱によって毛根の機能を破壊します。

1回施術をした毛穴からは2度とムダ毛が生えてくることがない、確実な脱毛方法になりますが、毛穴に針を刺して電流を流すという施術方法からも、その痛みの強さが理解できるのではないでしょうか。

ニードル脱毛は全身行なうことはその施術方法や料金、痛みなどを考えると難しいため、脇などよりしっかり脱毛方法したい部位のみ利用されることが多いです。


脱毛サロンの脱毛、その特徴は?


光の照射レベルが低いため痛みも起きにくい

一般的に広く普及している脱毛サロンでの脱毛は、「フラッシュ脱毛」や「光脱毛」と呼ばれる方法を採用しています。脱毛の原理においては医療レーザー脱毛と同じなのですが、医療行為ではないため光の照射レベルが低く、痛みを感じにくいです。

ただ、照射レベルが低い分脱毛効果もゆるやかになります。


医療レーザー脱毛と比較すると料金がかなりお安く、また痛みを感じにくいことからチャレンジしやすいため、多くの人が脱毛サロンで脱毛しています。

痛みにかなり弱い人については、さらに光の照射レベルを低くしてくれるので、自分の我慢できる範囲で脱毛を進められるという点も人気です。


家庭用脱毛器の特徴は?


自宅で気軽に行え、痛みも少ない

家庭用脱毛器は、ムダ毛を引っ掛けて抜くタイプのものが主流でしたが、最近はフラッシュ脱毛の方式を自宅でも行える脱毛器が主流となっています。

VIOラインなどは、サロンで人に見せることに抵抗があるという人も家庭用脱毛器であれば自分で処理を行なうことができるので、活用している人は多いです。


また、脱毛サロンのフラッシュと比べると光の強さが弱いので、痛みが少ないという点も特徴です。

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛とレーザー脱毛、それぞれの方式の脱毛器が販売されており、それぞれを比べるとフラッシュ脱毛器のほうが光が弱く、痛みも少ないです。


自宅で安全に脱毛をしたいという人、痛みが少ないほうがよいという人は、フラッシュ脱毛器を選ぶとよいでしょう。


一番痛みが強いのは病院のレーザー脱毛!痛みの正体とは・・・


光の出力を集中させることで、脱毛効果を痛みが強くなる

もっとも痛みが強いのはニードル脱毛ですが、「光を照射して脱毛する」という方式を採用した、医療レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、家庭用脱毛器の中で、もっとも痛みが強いのは医療レーザー脱毛です。

フラッシュ脱毛や家庭用脱毛器は、光を照射する範囲が医療レーザー脱毛と比べて広く、その分、光の強さが弱くなります。医療レーザー脱毛は光を当てる範囲を狭くし、その分1箇所に集中してレーザーを当てるため、メラニンにしっかり反応して脱毛効果が高まる分、痛みが強くなるのです。

メラニンの量が多いほど痛みが強くなる

これは脱毛サロンや家庭用脱毛器でも同様ですが、ムダ毛が太ければ太いほど毛穴のメラニンが多いので、光が反応しやすく、その分集中して熱が発生するため痛みが強くなります。

痛みが強くなる段階についてははメラニンの量や部位によって、どの脱毛方法でも同じですが、痛み自体はもっとも集中して強い光があたる医療レーザー脱毛が強くなるのですね。


痛みが心配な方は家庭用脱毛器(フラッシュ)がおすすめ!


光のレベルが弱いので自分のペースで安全に脱毛できる

前述したように、家庭用脱毛器にはフラッシュ脱毛とレーザー脱毛、両方の脱毛器が販売されていますが、より痛みの少ない脱毛方法を選びたいのであれば、家庭用のフラッシュ脱毛器がおすすめです

光のレベルが弱い構成となっている上に、部位によって光のレベルを自分で調節できるものもあるので、無理のない脱毛を進めることができます。


VIOラインや脇といったムダ毛が太い部位や、うなじなどは特に痛みが強いといわれていますので、こうした部位は家庭用脱毛器がもっとも安全に、安心して脱毛できるでしょう。

最近は比較的手頃な価格で販売されている商品もあるようですので、自分に合った脱毛器を見つけてみてください。

この章のまとめ

  • 光を使用する脱毛方法の中では、医療レーザー脱毛がもっとも痛みが強い
  • 光脱毛は光の照射レベルが低いため、医療レーザー脱毛より痛みは少ない
  • 家庭用脱毛器はレーザー脱毛とフラッシュ脱毛、両方の脱毛器がある
  • 痛みの少ない脱毛をしたい人は、家庭用フラッシュ脱毛器がおすすめ