家庭用脱毛器使いたいけど、肌が弱いから心配。そんな方は必見!

家庭用脱毛器はアトピーや敏感肌でも使える?



光脱毛の普及によって、手頃な価格できれいにムダ毛を脱毛することができるようになりましたが、敏感肌の人やアトピー性皮膚炎の人は、光脱毛を受けたくても受けられない、と考えている人が多いようです。

では、家庭用脱毛器なら肌にトラブルのある人でもお手入れすることができるのでしょうか?

ここでは、光脱毛における敏感肌やアトピー肌の人のお手入れについて深く掘り下げ、解説しています。


アトピー肌や敏感肌ってどんな状態?


アトピー性皮膚炎とは

アトピー肌は、正式には「アトピー性皮膚炎」という肌の病気をいいます。主な症状としては、肌が粉を吹いたような過度な乾燥状態となり、かゆみを伴う湿疹が起こるといったものが代表的です。

アトピー性皮膚炎の直接的な原因は現段階では解明されていないのですが、肌のバリア機能や免疫力が低下していたり、アレルギー症状が出やすい人に多く見られるといわれています。

敏感肌とはどんな肌のこと?

「敏感肌」という皮膚の病気は存在しません。一般的に敏感肌というと、洗剤や繊維などの刺激によって赤みや肌のトラブルが出やすい人を指します。

ちょっとした刺激にすぐ反応してしまうので、コスメに含まれているアルコールや防腐剤などの成分に反応し、赤みやかゆみなどの症状が出てしまいます。


敏感肌の原因もはっきりとはわかっていないようですが、やはり何らかのアレルギーを持っている人や、摂取する栄養のバランスが悪い人は、敏感肌になりやすい傾向にあるようです。

どちらもお肌がひどく乾燥している状態である

アトピー肌も敏感肌も両方に共通しているのが、肌が乾燥していると症状がひどくなるという点です。

乾燥が必ずしもこれらの症状を悪化させるということではありませんが、やはり肌の乾燥はバリア機能が低下している証拠ですので、炎症や湿疹を起こしやすい状態であると考えられます。


肌の乾燥には、角質の状態など肌本来の要因によるものと、食生活やスキンケアによるものがありますが、アトピー肌や敏感肌を招く原因となりますので、日ごろから保湿を心がけたケアが重要になってきます。


アトピー肌や敏感肌でも脱毛できるの?


症状が軽度であれば施術可能

光脱毛の施術は、光を当てることでメラニンに反応させて脱毛効果を促しますが、メラニン以外の肌に影響を及ぼすことはないので、アトピー肌や敏感肌の人でも施術を受けることができます。

しかし、エステサロンや脱毛サロンでは、アトピー肌の人の施術をNGとしているところも多いです。


これは、病院で治療を受けていて服薬中だったり、薬を塗布している場合に、施術がそれらに反応し、症状の悪化を招くと困るのでお断りしています。

また、前述したようにアトピー肌の人は肌の免疫機能が弱いため、施術によって肌に悪影響が出る可能性を懸念しているということもあるようです。


また、特にアトピーや敏感肌の自覚がない方でも、季節などによって乾燥が激しい部位がある場合は脱毛施術が受けられないケースもあります。

そのため、アトピー肌に限らず、肌のトラブルが出やすい人は、カウンセリング時にその旨を申告して、施術が可能であるかを確認する必要があります。


特にアトピー肌よりもニキビ肌のほうが、光脱毛の施術による影響を受けやすく、ニキビのひどい人は脱毛を控えるよう推奨されています。

アトピー肌や敏感肌の人に考えられる肌のトラブル

症状が軽度であれば施術を受けることが可能ではあるものの、状況によっては肌に何らかの影響が出てしまう可能性も否定できません。

考えられるのは、肌の炎症がひどくなったり、色素沈着を起こしてしまうといったトラブルです。


肌をかきこわしてしまい、すでに色素沈着を起こしている場合、フラッシュの光が黒ずみに反応してやけどのような症状を起こしてしまい、色素沈着が悪化する可能性があります。

また、施術後は肌が乾燥しやすくなるため、敏感肌の人はさらに外的要因に敏感に反応し、炎症が悪化してしまうということもあるようです。

家庭用脱毛器の施術は可能?

家庭用脱毛器も、脱毛サロンの光脱毛と同じ仕組みで脱毛するので、施術自体を受けることは問題ありません。

むしろ、家庭用脱毛器の場合は光の出力レベルを調節することができ、肌に刺激が少ないようにお手入れすることができるので、脱毛サロンでの施術よりも安心して使えるのではないでしょうか。


アトピー肌や敏感肌の人が脱毛する場合の注意点


お手入れ前に必ずパッチテストを行う

コスメなどでも同様ですが、家庭用脱毛器を使う場合は、必ずパッチテストを行った上でお手入れに入りましょう。方法としては、体の目立たない分に1ショット試してみて、時間が経っても赤みや炎症などが起こらないかを確認するというものです。

二の腕の内側など、肌の柔らかい部分に照射しても特に異常が見られなければ、脱毛したい部分に使用しても問題ないと考えてよいと思います。

治療中の人は服薬や塗薬の使用を一旦やめる

アトピー肌で皮膚科の薬を服用していたり、ステロイド剤などの塗布をしている人は、脱毛を始める際に、それらの使用を一旦やめてからお手入れを始めるのが望ましいです。

家庭用脱毛器を開始する1週間ほど前から薬の使用をやめることで、肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

施術後はもちろん、日頃の保湿をしっかり行う

アトピー肌や敏感肌の人は、肌が乾燥しやすい人が多いと思われますが、家庭用脱毛器を使用すると、さらに肌が乾燥しやすくなります。施術前には必ずしっかりと脱毛部位を保冷剤で冷やし、肌を鎮静させた状態で行うことが大切です。

また、施術後には必ずしっかり保湿をし、乾燥による炎症を防ぐよう心がけてください。保湿アイテムにもいろいろなものがありますが、できるだけシンプルな成分で作られた、肌に負担のかからないものを使用するとよいでしょう。

この章のまとめ

  • アトピー肌や乾燥肌の症状は、肌の乾燥やかゆみを伴う炎症などが代表的
  • アトピー肌や敏感肌の人でも、重度でなければ光脱毛の施術を受けられる
  • ただし、服薬中や塗薬などを使用していると肌トラブルが起こる可能性も
  • 家庭用脱毛器は光の出力レベルを調節できるので、安心して使える
  • お手入れ前にはパッチテストを行い、肌の保湿や冷却を意識することが大切