ムダ毛の脱毛と一緒に美白ケアもできたらいいよね!

医療レーザー脱毛は美白効果もあるって本当なの?



脱毛ついでに美白ができるということで医療レーザー脱毛が注目を集めています。2つの効果が望めるのならば美容にかけるお金を節約することができますよね。

具体的にどのような原理で脱毛と美白ができるのでしょうか。

また、メリットばかり注目されがちな医療レーザー脱毛のデメリット、チェックしておきたいフラッシュ脱毛の効果などについてもご紹介します。


医療レーザー脱毛は美白効果があるって本当?

医療レーザー脱毛をしたところ、嬉しい効果としてシミ改善効果を実感したという方が多いです。実は、脱毛に使われているレーザーはもともと皮膚科でシミの治療に使われていたものでもあります。

脱毛では毛根組織に含まれているメラニン色素というものに対してレーザーを照射し、毛の再生を抑制するのですが、シミの大きな原因もメラニン色素であるため、メラニン色素に対して働きかけるレーザーは脱毛とシミ改善の両方の効果が得られるわけです。


シミ周辺の脱毛をしたところ、気づいたらいつの間にかシミが薄くなっていたという方が多いのはこのためだといえます。

クリニックによってはお気に入りのホクロなどがある場合、その周辺を避けて脱毛することを勧めるところもあるほどです。


でもレーザー脱毛はデメリットやリスクも多い・・・



レーザー脱毛について悩んでいたけれど、ついでにシミも改善できるなら思い切って脱毛しよう!と感じた方もいるかもしれません。

しかし、医療レーザー脱毛のデメリットについてもしっかりチェックしておきましょう。

痛み

最大のデメリットともいえるのが痛みが強いということです。特にシミが気になるポイントといえば顔ですよね。顔は皮膚が薄いということもあり痛みを感じやすい部位でもあります。

絶対にシミが消える訳ではない

それから、100%シミが薄くなり、美白効果が得られるというわけではありません。

確かに美白のために使われているものと同じ原理のレーザーを照射するのですが、目的はあくまで脱毛にあるため、シミに対して効果が得られなかったとしてもクレームは認められないでしょう。

火傷のリスク

また、レーザー脱毛といえば非常に効果が高いのですが、ここからもわかるとおり刺激も強いです。担当してくれる医師が技術不足だとすると火傷をしたり逆にシミができてしまう可能性もあります。

レーザーの光はメラニン色素が多く集まっているシミやホクロに反応しやすいのですが、これはレーザーの熱が集中するということでもあります。


そのため、クリニックでは肌への刺激を抑えるためシミやホクロがある部分に白いシールを貼って肌を守るところも多いです。

そのまま照射すると火傷のリスクも高まるため、こういった対策を取っているところが多いのですが、これでは当然ながらシミやホクロに対する美白効果は期待できませんよね。


レーザー脱毛をした後は肌が乾燥しやすい状態になっているのですが、肌状態を改善させるためには保水や保湿をしっかり行わなければなりません。

ほとんどのクリニックでは丁寧なアフターケアをしてくれるものの、中にはケアが不十分だったために肌トラブルに繋がってしまったというケースもあるので、十分に注意しておきましょう。


レーザー脱毛をしたところシミやホクロが薄くなったという口コミもあるのですが、こちらはあくまで「美白効果が得られる場合もある」というものだと理解しておいた方が良いかもしれません。

実際にクリニックでも過度の期待はしないようにお願いしているところも多いようです。


フラッシュ脱毛にもお肌に嬉しい効果があるの?



できるだけ痛みのない方法で美白効果も期待しながら脱毛したいということであればフラッシュ脱毛もおすすめです。

フォトフェイシャルで使用される光と同じ

今は家庭用脱毛器の中にもフラッシュ方式を取り入れたものが増えてきました。

フラッシュ脱毛ではインテンス・パルス・ライトという光が使われています。この光はレーザー脱毛と同じく美容の分野でも取り入れられており、シミや色素沈着だけでなく小じわや毛穴の開きを改善する効果があるのです。


肌の細胞を活性化させる働きもあるので、若々しい肌をつくりたいと思っている方にとっては最適な脱毛方法だともいえるでしょう。フラッシュ脱毛をしたところ、ニキビ跡が良くなったという方もいます。

このように嬉しい効果を持った脱毛をできるだけ手軽に試したいということであれば家庭用脱毛器を購入するのがおすすめです。


サロンで脱毛するのも良いのですが、複数の部位を脱毛する場合にはどうしても費用が高くなってしまいます。

家庭用脱毛器は安いものではありませんが、複数部位の脱毛を検討しているのであればサロンよりもお得になるケースが多いです。

美白効果を求める場合の脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の中でも手軽にカートリッジが交換できるタイプの商品がおすすめです。

カートリッジによってフラッシュの照射範囲は異なるのですが、鼻の下などの脱毛をする際には小さい照射範囲のカートリッジがあると便利なので家庭用脱毛器を選ぶ際には照射範囲についてもチェックしておきましょう。


足や腕の脱毛をする際には照射範囲が広いものの方が良いのですが、そういったカートリッジは顔の脱毛には向いていないものもあるので注意が必要です。

中には美顔専用のカートリッジが用意されている家庭用脱毛器もあります。

痛みを抑えて美白と脱毛ができる

確かに医療レーザー脱毛に比べると家庭用脱毛器は出力が抑えられているのですが、脱毛しながら美白効果が期待できます。

家庭用脱毛器ならば都合の良い時に時間を見つけて処理ができるので、忙しくてなかなかクリニックやサロンに通えないという方でも問題なく継続できるでしょう。


昔は家庭用脱毛器といえばかなり高価なものでしたが、現在は価格競争も進み、価格も下がってきました。

サロンやクリニックの全身脱毛は費用が高くなりすぎてなかなか検討できない…という方も家庭用脱毛器をチェックしてみてくださいね。

この章のまとめ

  • 医療レーザー脱毛は美白効果が期待できる
  • ただしレーザー脱毛は痛みが強い
  • 100%シミが薄くなったり美白効果があるとは断言できない
  • 家庭用フラッシュ脱毛器でも美白効果が期待できる