自宅で毛根を無くすことは可能なのでしょうか?

自宅で毛根を無くす方法とは?

毛を何回抜いても生えてくるのは、毛穴の奥に毛根が存在しているためです。植物が種子から栄養を得て成長するのと同じで、毛根により発毛と成長が促進されているわけですから、大元が存在する限り毛の再生サイクルは続きます。

要するに、永久脱毛イコール毛根が完全に無くなるということですね。ところが毛根を死滅させるのは容易ではなく、カミソリで剃ったり毛抜きで抜くといった従来の処理方法では不可能です。ムダ毛が減るどころか、逆にイキイキした丈夫な毛が生えてくることもあります。


毛根を無くするには永久脱毛しかありませんが、現時点で永久脱毛が認められているのは医療機関やエステサロンで扱うニードル脱毛のみです。ご存知のように、針を毛穴に刺して微弱な電流を流して毛根を死滅させるため、再生率が著しく低く効果の高い脱毛方法です。

しかし、毛穴に針を刺すのは猛烈な痛みをともなうことから、脱落者の多くがこの痛みに耐えられないとの感想もあります。また、毛を1本ずつ処理するため長時間を要するのと、費用も高額なので処理範囲が広いほど、痛みに耐える期間と費用の負担が重くなります。


しかし、ニードル脱毛を受ける覚悟も余裕もない!などと悲観する必要はありません。

完璧な永久脱毛とまではいかなくても、家庭用脱毛器があれば永久性の高い脱毛が可能になりますし、猛烈な痛みや高額な費用も発生しません。いつでも自宅で好きな時に操作できるのも、脱毛器のメリットとといえます。


主流となっているフラッシュ脱毛は、黒い色に反応する特殊な光を毛根に照射することでダメージを与え、再生する毛を弱体化させていく仕組みです。

照射してから約10日前後で毛が抜け落ち、毛は再び生えるものの細く柔らかい毛に変化し、次第に毛自体が生えにくくなります。ニードルのように一撃で毛根を破壊する威力はありせんが、継続して使用することにより次第に毛根が弱体化していくことになります。


毛の成長を助ける組織が弱っていることで、今までのように毛根から栄養が補給できなくなるため、必然的に毛が生えにくくなるのですね。

しかも、フラッシュ脱毛器のカートリッジは照射できる範囲が広いため、一度に広範囲の処理が可能というのも嬉しい機能です。脱毛タイムや処理範囲も自分の都合次第ですから、サロンやクリニックに予約を入れたり時間をやり繰りして通う必要もありません。

誰にも知られずこっそり脱毛できますし、いつの間にかツルすべ美肌になっていて、周りが驚くかもしれませんね。