お酒好きな方は脱毛日に注意!!

脱毛前後はお酒って飲めないの?

脱毛が完了して緊張も解けたところで、「カンパ~イ♪」とお酒好きな人はやりたいところですが、脱毛の後はお酒を飲んでもよいのでしょうか?

その答えは、実は「ダメ!」なんです…毎日の晩酌が楽しみな人には、残念な話ですよね…。


その理由は、脱毛がお肌に与えるダメージの加減によるものです。医療レーザー脱毛や光脱毛は、光線が反応した部分に高熱を加えて毛根にダメージを与えますので、普段は受けないような大きさのダメージを毛穴と周辺の肌に与えます。

そこへお酒を飲むことで、お酒は血行を良くし体温を上昇させますので、ダメージを受けた部分に赤みやかゆみなどの肌トラブルが出てしまうことがあります。せっかくキレイになるために脱毛へ行ったのに、肌トラブルが起きてしまっては意味がないですよね…。


それでは、脱毛の前にお酒を飲むことはどうでしょう?

実は、これも「ダメ!」なんです。なぜなら、前日の飲酒時のアルコールが翌日まで残っている危険があるからです。飲酒後12時間は通常の体温に戻らないと言われています。体温が高いままで脱毛の施術を受けると、通常より赤見やかゆみ等の肌トラブルを引き起こす可能性がぐんと上がってしまいます。


さらには、お酒を飲むと、よくトイレに行きたくなりますよね。過度の飲酒は脱水症状を起こしますので、通常より水分が少ないお肌では、脱毛のダメージがさらに大きくなることもあります。また、お酒を飲んでいると脱毛効果が落ちてしまうという噂もありますので、これは絶対に避けたいですね。

施術を受ける脱毛サロンによっては、脱毛前後12時間飲酒を禁止しているところもあります。お酒を飲んだ状態では基本的に脱毛を受けられなくなりますので、また予約の取り直しなんてこともあり得ます。


だからといって、これくらい大丈夫だろう…と自己判断で前日の飲酒を隠したりしないようにしましょうね。もし脱毛当日の後に飲み会があるようでしたら、ノンアルコール飲料でガマンしましょう。

脱毛前後の飲酒がダメな理由がわかったでしょうか?実はその外にも脱毛後の入浴や激しい運動なども禁止されているんですよ。
これも体温を上げてしまうからですね。


なので、脱毛の前後はのんびりとお家で過ごすのが良いかもしれません。どうせなら脱毛をする日の前後はリラックスの時間や休肝日に充ててみるのもよいですね。

脱毛サロンの予約と飲み会のスケジュールを合わせるのが面倒!ということであれば、自宅で脱毛を自分でするのも方法のひとつですね。下からおススメの家庭用脱毛器を調べてみてくださいね!