うるさい脱毛器は使うのが嫌になっちゃいますよね

音の静かな家庭用脱毛器ってある?

家庭用脱毛器を購入する前に、知っていてよかった~と思えることの1つに「脱毛器の騒音」があります。

脱毛器を選ぶとき、価格や出力、照射範囲や痛みについてはよく言及されていますので気がつくのですが、音についてはなかなか盲点になりがちです。


レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の原理を利用した脱毛器の場合、スペックが高いものほど使用時に本体が高温になってしまいます。熱によって本体が壊れないように、脱毛器に冷却ファンが搭載されています。これが騒音の素になっています。

パソコンを使用しているときにも、熱を下げるために冷却ファンがまわっていますよね。あれと同じものが脱毛器にも入っているのです。脱毛器の場合、パソコンのファンより大きい音とか、ドライヤーのような騒音、などと言う方がいます。

音が気になるので、高い熱が発生しないよう出力が低い脱毛器を選ぶということであれば、脱毛効果は落ちてしまうので避けたいところです。


夜中に脱毛をしたい場合、家族や近所への迷惑になってしまうこともあります。テレビを見ながら脱毛をしたかったら、テレビの音が聞こえなくなってしまいます。そして何より、「脱毛をしている!」とまわりに気づかれるのは、ちょっと恥ずかしいですよね…


自分の好きなときに、誰にも気づかれずに、気ままに脱毛をしたい…そのための家庭用脱毛器です。まわりを気にしながらの脱毛なんて、かなりのストレスになってしまいます。

騒音を気にしすぎて脱毛から遠ざかり、せっかく高額で購入した脱毛器がお蔵入りになってしまったら、それこそもったいないですよね。ドライヤー並の騒音が多かった家庭用脱毛器の中、最近では静音設計されている脱毛器が出てきています。その脱毛器の騒音レベルは約30dbと言われています。


ドライヤーがだいたい70dbで、30dbといえば深夜の郊外や図書館の騒音レベルで、日常生活に望ましい範囲に収まっています。これなら、近所の人はもちろん、隣の部屋の人にも気づかれにくいレベルです。

また、さらに優秀な家庭用脱毛器であれば、内臓の小型コンピュータが温度を感知して、冷却時間を自動で調整してくれたりします!これならさらに騒音レベルが下がり、いつでもまわりを気にせずに脱毛ライフができますね。


さて、家庭用脱毛器を選ぶ際には、「音」についてもぜひ考えみてくださいね!

当サイトのランキング上位にある脱毛器は、どれも静音設計されていますので安心です。みんなが寝静まった夜中でも、いつでも快適脱毛ライフを手に入れられますよ。