脱毛中に日焼けは厳禁ですが、万が一日焼けした場合は?

家庭用脱毛器で脱毛中に日焼けしちゃった!どの程度ならOK?



脱毛サロンで脱毛する場合、肌の状態によっては脱毛を断られてしまうケースもあります。例えば、日焼けをした場合にもNGとされるのです。

これは家庭用脱毛器を使っている場合でも同じことがいえます。ただ、日焼け止めを塗るのを忘れてうっかり日焼けしてしまった…!という経験をしたことがある方もいるはず。

そもそも、なぜ日焼けをしていると脱毛ができないのでしょうか。


脱毛中の日焼け!日焼けしやすい理由とNGの理由

脱毛というのは一度で完了するものではありませんよね。サロンの場合も家庭用脱毛器の場合も同じく、何度か脱毛処理を繰り返すことによって徐々にムダ毛が気にならない状態を作ることができます。

一度処理をしたら数か月空けて再度処理をする形になるわけですが、脱毛をしている最中に日焼けをしてしまうこともあるかもしれません。なかには日焼け対策を行っていたつもりなのになぜか日焼けをしてしまったという方も…。


実は脱毛をしている最中というのは肌が非常にデリケートな状態になっているため、それ以外の時期に比べると日焼けしやすくなっているのです。

そのため、脱毛している方は肌が敏感な状態になっているということを十分に理解し、普段以上に念入りな日焼け対策を取らなければなりません。

なぜ脱毛中は肌がデリケートになる?



脱毛後には肌を冷やしますよね。これはフラッシュの光を当てることにより肌が熱を持つからです。

このような状態で紫外線を浴びるとただでさえ熱を持っている肌に更に熱を加える形になるため、どうしても日焼けしやすくなってしまうのです。


また、日焼けをしたあとは肌が乾燥しやすい状態になっています。十分に保湿がされていて潤っている肌に比べると、乾燥した肌というのはバリア機能が低下した状態で非常に刺激を受けやすく、少し紫外線を浴びただけでもすぐに日焼けに繋がってしまうケースがあるのです。

このような理由から脱毛中は肌が日焼けしやすい状態になっているので注意しておきましょう。

日焼けすると脱毛ができなくなるのはなぜ?

日焼けをしてしまうとサロンでの脱毛を断られることがあります。また、家庭用脱毛器の場合も同じで日焼けをしている肌には絶対に使用しないでくださいと注意書きがされているものばかりです。

これはなぜなのでしょうか。


まず、日焼けをしていない肌に比べると火傷のリスクが高まるということ。家庭用脱毛器で主流になっているフラッシュ脱毛器はムダ毛の色素に反応しています。

しかし、日焼けをした状態だとムダ毛だけでなく焼けた肌にも反応してしまい、肌に必要以上に負担をかける形になってしまうのです。このほかにも先にご紹介した乾燥の問題なども加わり、日焼け中の脱毛は大きなリスクを伴います。


日焼けしちゃった時の対処法

脱毛途中なのに日焼けをしてしまった、という場合、すぐに対策を取ることが重要です。例えば、紫外線を浴びて肌が火照っていたとしてもすぐに適切な対処が取れれば大きな日焼けをせずに済むケースもあります。

できるだけ早く冷やす



日焼けというのは肌が火傷をした状態でもあります。そのため、何よりも重要なのはできるだけ早くしっかり冷やすということ。

外出先で日焼けをしてしまった場合もお店のトイレなどを借りて流水で患部を冷やしましょう。家に帰ってからは薄手のハンカチに包んだ保冷剤を日焼けした部分に当てるのも効果的です。

丁寧な保湿をする

日焼け後の肌は水分を失った状態になっています。乾燥していると大きな肌トラブルに繋がることもあるため、丁寧な保湿ができるように保湿力の高いクリームなどを使いましょう。

普段のスキンケアで保湿を行っているという方も多いかとは思いますが、日焼けしている間はそれに加えて更に丁寧な保湿を行うことが大切です。お風呂から上がった後だけでなく、朝や日中も保水・保湿を行ってみてくださいね。

美白化粧品を使った対策

日焼けをしてしまった場合に美白化粧品を使うというのも効果的です。美白化粧品を使うと肌が黒くなる原因でもあるメラニン色素を還元するのに役立ってくれます。

しかし、かなりひどい日焼けをしてしまって肌がピリピリと炎症を起こしている状態ですぐに美白化粧品を使うのはおすすめできません。こういったケースでは先に炎症を抑えることが重要です。


炎症を起こしている段階で美白化粧品を使うと成分が肌に負担をかけ、炎症が治まるまでに時間がかかってしまうケースもあるので十分に注意しておきましょう。

ピリピリとした痛みを感じる場合にはまずは保水と保湿に力を入れ、痛みが治まってから美白化粧品を使ってみてください。


どの程度の日焼け肌なら脱毛できる?



日焼けといっても人によって程度は異なりますよね。もしかしたら日焼けしたかも?という方もいれば、ひどい日焼けをしてしまってピリピリ痛い…という方もいるはず。

家庭用脱毛器を使う場合、どれくらいの日焼けまでならば問題ないのでしょうか。結論から言うと、日焼けをした可能性があるならばそれほど状態がひどくなかったとしても脱毛はやめておいた方が良いです。


サロンなどでは日焼けをしてから3ヶ月程度は脱毛を控えるように言われるので、これを一つの目安にしてみてくださいね。

例えば、肌の状態が明らかに赤くなっていたり黒くなっている場合には絶対にNGです。これらの状態で無理に脱毛を行うと大きな肌トラブルに繋がってしまう恐れがあります。


では、肌の状態が普段とそれほど変わらない…というケースではどうなのでしょうか。こういった場合は問題がないケースも多いのですが、脱毛サロンでは「少しでも日焼けをしたら脱毛は一切NG」というところがほとんどです。

家庭用脱毛器を使って脱毛する場合も同じように考えた方が良いでしょう。どれくらいならば良いか?ではなく、日焼けをしたら程度に関わらず基本的にNGというわけですね。


日焼けをしないための対策とは?

いくら脱毛しているからといって紫外線が強い夏の時期に全く外に出ないのは難しいですよね。そこで、徹底的な日焼け対策について考えてみましょう。基本中の基本ともいえる対策といえば日焼け止めを塗るということです。

朝に日焼け止めを塗って後はそのままという方もいますが日焼け止めは汗などで簡単に流れてしまうのでこまめに塗り直すことが大切です。


続いて着る物にもこだわってみましょう。露出が多くなればなるほど日焼けの可能性は高くなるため、長袖の上着を着るのがおすすめです。この際に紫外線カット効果のあるものだと理想的ですね。

外出する際には紫外線の強い時間を避け、朝早くや日が落ちてから行動するということも検討してみましょう。


家庭用脱毛器は自分の空いた時間を使って気軽に脱毛ができるということもあり非常に便利なアイテムです。しかし、日焼けなどに関するリスクについては自分自身で十分に考える必要があります。

サロンでは専門的な目で見て肌の状態を判断してくれるわけですが、そういったことも自分で行わなければならないので、日焼けの可能性がある場合は万が一の肌トラブルのことを考えて脱毛は避けておいた方が良いでしょう。


こういったポイントにさえ注意していれば家庭用脱毛器は安心できるものばかりです。肌の状態が落ち着いてから脱毛を再開してみてくださいね。

<家庭用脱毛器で脱毛中に日焼けしちゃった!まとめ>

  • 日焼けをした場合は脱毛ができない
  • 脱毛中は日焼けしやすい
  • 日焼けした肌は脱毛時の火傷のリスクが高まる
  • 美白化粧品は肌の炎症が治まってから使う