家庭用ニードル脱毛器ってどうなの?

家庭でできるニードル脱毛ってある?

最近では、リーズナブルで評判の良い脱毛サロンやクリニックが増えたことにより以前よりも気軽に脱毛を始められるようになりましたね。また、機能や効果がグングンと上がり、自宅でもエステ並みの脱毛が出来るとあって今は家庭用脱毛器の人気がすごく高いのです。


現在脱毛サロンやクリニックで主流なのが、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛の3つの脱毛法です。その中で、唯一の永久脱毛と呼ばれるのが「ニードル脱毛」です。

家庭用脱毛器と言えば、特殊な光を利用して徐々に脱毛していくフラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器が今のところ主流ですが、永久脱毛ができるのなら、「家庭用ニードル脱毛器が欲しい!」と、考える方は多いと思います。


しかし、家庭用ニードル脱毛器なるものは果たして存在するのでしょうか?

昔は、エステサロンの中でもニードル脱毛が一般的だったこともあり家庭用のニードル脱毛器が販売されている時代もありました。他人には見られたくないから自分で脱毛したいという女性の心理は今も昔も変わっていません。

しかし、現在家庭用ニードル脱毛器は日本では売られていません。なぜ家庭用ニードル脱器毛は家庭用フラッシュ脱毛器のように普及しなかったのかと言うと、ニードルを取り扱う安全性や衛生面に問題があったからなんです。

ニードル脱毛は、脱毛の中でも高度な技術が必要になる最も難しい脱毛法です。


家庭用ニードル脱毛器とは、毛の太さと同じくらいのステンレス製の針を毛穴に差し込んで、微弱な電流を数秒流すことで毛根を破壊して脱毛していくもので原理はエステやクリニックで行われるものと同じです。

電流が流し終わると、ブザーが知らせてくれて針を引き抜きます。その後毛抜きなどを使用して処理した毛根の毛を引っ張るとスッと抜けていきます。


この作業を一本一本処理していくので、相当な時間と手間がかかります。ニードル脱毛は、針を刺す瞬間よりも電流を流す間の痛みが強いのですが、家庭用だからと言って痛みが弱くなるわけではありません。上手く針を刺せなかった場合、火傷などの肌トラブルを起こす可能性もあります。

また、クリニックでは感染症などのリスクを防ぐために衛生管理に細心の注意を払って処理してくれていますが、自宅でやる場合はそういったケアをついつい疎かにしてしまうものです。


日本では現在のところ販売されていませんが、海外では未だに販売されているところもあるようです。ですが、家庭用フラッシュ脱毛器に比べて家庭用ニードル脱毛器は、時間も技術も必要ですし、ケガなどのトラブル・リスクが非常に高いので、自宅でやるにはおすすめできない脱毛法です。

お肌や体のことを考えると、技術面・安全性・衛生面で安心できる家庭用フラッシュ脱毛器一番だと言えるでしょう。