モテる秘訣は、男女問わず清潔感にあるんです!

清潔感は、ムダ毛知らずのお肌から!

「清潔感」という言葉は誰もが知っていますが、勘違いしている人は多いですね。毎日シャワーを浴びて髪や体は念入りに洗っている、短時間でも着用した洋服は洗濯しているし、清潔には人並み以上に気を遣っているという人もいます。

真の意味で清潔であることは確かに重要ですが、それだけでは清潔感とはいいません。どれほど体や身につけている衣類が清潔でも、ムダ毛が処理されていないと全ての努力が無駄になるほど清潔感は失われます。つまり、衛生面だけの問題ではなく、見た目の美しさや印象に関わるということです。


清潔か不潔かというのは、見た目や臭いで明らかでないと本人以外には分かりませんし、シャワーを浴びたのが昨日か今朝かという判断もできません。また、余程でなければ普通の人は清潔を心がけますので、その意味で「清潔感」に問題が発生する可能性は低いといえます。

ただし、清潔感というのは相手に与える印象ですから、外見に気を配る必要があります。

多くの女性は流行のメイクや髪型、ファッションには敏感で努力を惜しみませんが、ムダ毛に関しては意外に適当だったりします。ワキやスネ毛など目立つ部分は処理しても、遠目に分からない部分は放置気味です。


昔なら多少のムダ毛は許容範囲でしたが、現在は男女ともに清潔感の基準が上がっているため、ムダ毛を処理していない女性はイメージダウンです。スキのないほど全身を最新トレンドでキメているのに、顔に産毛が生えていたり脚に処理モレの毛が見えていたらどうですか?

特に顔は最初に視線を受ける部分であり、第一印象を大きく左右してしまいます。産毛処理されていない肌にファンデーションを塗ると、化粧ノリが悪く顔全体が何となくぼやけた雰囲気になります。遠目には分かりにくくても、間近で見られたら不潔な印象を持たれても仕方ありません。


毛が清潔感に影響するのかという疑問もあると思いますが、決して良いイメージを受けることがないのは確かです。客観的に想像してみると分かりますが、どんなに清潔で抜群のファッションセンスのある女性だとしても、ムダ毛が放置されている時点でアウトでしょう。

清潔感をアピールするにはムダ毛処理は必須ですが、カミソリや毛抜きを使う自己処理は肌に負担がかかりますし、すぐに生えてくるので面倒です。肌荒れやトラブルが起こっては逆効果ですから、肌に優しいフラッシュ脱毛でキメ細かな美肌を手に入れて清潔感を目指しましょう。

多忙を極める女性にとって時間は貴重なので、ムダ毛処理に手間や時間をかけることなく安全確実に脱毛できるのは大きな魅力ですね。