ヨガに通いたいけど、脇が気になるという方も多いのでは?

ヨガに通いたいけど、ムダ毛が悩みで肌の露出が気になる・・・



最近はいろいろなヨガのスタジオに通う人が増えていますね。ヨガは体を柔らかくしてくれるほか、適度に筋力をつけることもできるためダイエットの効果もあり、また呼吸法によって心身ともにリラックスできることから、とても人気があります。

これからヨガに通うことを検討している人にとって、気になるのが「ムダ毛の処理」ではないでしょうか。


冬場であれば、さほどムダ毛を気にする必要はありませんが、ヨガをするときの服装はキャミソールやタンクトップ、短パンなど比較的露出する部分が多く、半袖を着ている人でもワキが見えやすいので、ある程度きちんとムダ毛の処理をしておく必要があります。

ここでは、ヨガをする際の服装や、ムダ毛の処理で必要な部位などをご紹介すると共に、最適なムダ毛の処理方法について解説していきたいと思います。


ヨガの服装って露出が多い?


トップスはタンクトップやキャミソールが主流

ヨガのポーズはその流派によってさまざまですが、かなり大きく体を動かすポーズが多いので、できるだけ体を圧迫しないファッションが望ましいです。

そのため、トップスはキャミソールやタンクトップを着用する人が多く、ヨガウェアをチェックしてみると、やはり袖のないトップスが販売されていることがほとんど。

半袖や七分袖など、袖のある服を着用する場合でも、動きやすいようかなりゆとりのある作りになっているものが多いです。

ボトムスはハーフパンツやスパッツが多い

ボトムスにおいても、大きく足を開くポーズがたくさんあるので、動きやすいものがおすすめです。

ホットパンツのような足の露出が多いものもありますが、ハーフパンツやハーフ丈のスパッツを好んで着用している人が目立ちます。

いずれにせよ、膝から下は露出しているファッションが多いようですね。

ブラジャーなどの下着もスポーツタイプを

キャミソールやタンクトップを着用する際は、ブラジャーを付けていると肩ひもが見えやすいので、カップのついているキャミソールを着ているという人が多いようです。

どうしても気になるのでブラジャーを付けたいという場合には、スポーツタイプの動きやすいもの、肩が見えても気にならないデザインのものを着用するとよいでしょう。

ホットヨガだとさらに露出が高くなる

ヨガスタジオ内の温度と湿度を高く保った状態で行なう「ホットヨガ」は、発汗作用が高く代謝が上がりやすいことから人気のあるヨガのひとつです。

かなり暑い状態でヨガをして、かつ水分もたくさん取りながら行なうため、驚くような汗をかきます。


袖のあるトップスや長めのボトムスだと、汗をかくとベタベタして不快になるので、ホットヨガをする場合はほとんどの人がキャミソールにハーフ丈のスパッツといったファッションです。

ホットヨガをするときは、Tシャツなどよりも露出度がさらに高くなります。


ヨガ前に絶対に処理しておきたい部位とは


ワキの処理は必須

ヨガをする上で、必ずお手入れしておきたいムダ毛は「ワキ」のムダ毛です。

キャミソールやタンクトップを着用する場合はもちろんですが、袖のあるトップスを着る場合でも、腕を上げたときにかなりの確率でワキが見えますので、冬場でもしっかり処理しておくことをおすすめします。

腕や足も気になる人はお手入れしておこう

腕は肩から手首まで露出されるウェアが多いので、気になる人はぜひ腕もお手入れしておきたいですね。足は、多くの場合膝下が露出されますので、スネ毛が気になる人はお手入れする必要があります。

同性だけで行なうケースがほとんどですが、スネの毛はあまり生えているとかなり目立ちますので、恥ずかしくてしっかりポーズが取れない、ということのないようきれいにしておきましょう。

背中の露出度は高いので、毛量の多い人は処理が必要

ヨガをする上で、背中の露出はかなり高くなります。キャミソールであれば、鎖骨のすぐ上まで見えているものもありますし、ヨガをするときは髪の長い人でも束ねて行なうことになるため、背中はかなり見えやすいです。

女性で背中のムダ毛が気になるという人は全体的に少ないようですが、まれに毛量が多い人もいるようですので、ヨガに通う前にきれいにお手入れしておくのが懸命です。


ヨガに通うなら脱毛がおすすめ!


シェービングはお手入れの手間がかかる

定期的にヨガスタジオに通う場合、ワキや腕といったムダ毛のお手入れはかなり頻繁に行わなければなりません。

シェービングの場合、剃ったときはきれいでも、2~3日ですぐに新しいムダ毛が生えてきてしまうので、週に何度もお手入れをする必要があり、背中など剃りにくい部分の処理はかなり手間だと感じると思います


少しでもムダ毛がない期間を長くし、お手入れの手間を省くには、やはり脱毛がおすすめです。

脱毛には毛抜きで抜く方法や、脱毛サロンでの脱毛、ブラジリアンワックスなどのワックス脱毛、抜くタイプの脱毛器などいろいろな方法があります。


脱毛サロンでの施術は、きれいに処理できる上にその後のお手入れが不要になるなど大きなメリットがありますが、費用がかかることや、脱毛部位を他人に見せるのが恥ずかしいという人にはデメリットもあります。

ワックス脱毛は自宅で行なうことができ、かつ毛抜きで抜くよりも肌への負担が少ないですが、かなり痛みがあることや、定期的に行なわなければならないので、長い目で見るとかなりコストがかかるようです。


抜くタイプの脱毛器は、効率よく脱毛できますがやはり肌への負担が強く、皮膚に赤いブツブツができてしまうという人もいるようですので、敏感肌の人にはリスクが高いと思われます。

毛抜きで抜く方法はローコストですが、かなり痛みが強い上に肌への負担が強く、埋没毛ができやすいので脱毛方法としてはおすすめできません。

家庭用光脱毛器なら、続けることでお手入れが不要になる

自宅できれいに脱毛したい、という人におすすめなのが「家庭用光脱毛器」です。脱毛の仕組みは、脱毛サロンでの施術と同様で、特殊な光を当てることで毛根のムダ毛再生機能を破壊し、ムダ毛が抜け落ちていくというもの。

肌に直接触れないので肌への負担が少なく、またお手入れを続けることで、その後ムダ毛が再生しなくなりますので、将来的にお手入れいらずになるという大きなメリットがあります。


最初の導入費用はほかの自己処理に使用するアイテムよりも効果になりますが、長い目で見ると経済的にもお得なので、しっかり脱毛したいという人におすすめです。

ただし、どの脱毛方法においても、お手入れ後3日ほどは肌が敏感になっているので、炎症などを起こしやすくなっています。


ヨガで発汗することにより炎症や肌荒れが起きやすくなる可能性がありますので、家庭用脱毛器を使用する場合は、ヨガに行く3日前までにお手入れをしておくように心がけましょう。

この章のまとめ

  • ヨガは心身ともにリラックスでき、ダイエット効果もあることから人気
  • ヨガウェアは露出度が高く、ホットヨガの場合さらに露出が高くなる
  • ワキや腕、足、背中の露出が高くなるので、ムダ毛を処理しておくこと
  • ヨガスタジオに通うなら、シェービングよりも脱毛のほうが効率的
  • 脱毛方法の中でも家庭用光脱毛器は、肌に負担をかけずきれいに脱毛できる
  • 家庭用光脱毛器は将来的にお手入れが不要になるのでおすすめ