脱毛中は、いくつかの注意事項がありますよ

脱毛中に絶対やるべき紫外線対策!!



脱毛をしてる最中に特によく考えておかなければならないことといえば紫外線対策に関することです。

女性の場合、普段から紫外線対策に力を入れているという方も多いはず。しかし、脱毛中は普段以上に力を入れて紫外線対策に取り組む必要があるのです。

軽い気持ちで適当な日焼け対策をしてしまうとサロンでの脱毛を断られてしまうことも・・・。家庭用脱毛器を使う場合も日焼けの問題についてはよく考えておかなければなりません。


脱毛中は日焼けNGなのはなぜ?

なぜ脱毛中に日焼けをするのが良くないのかというと、日焼けをした肌というのは非常に敏感な状態になっており脱毛の刺激が大きな肌トラブルを招く可能性があるということが第一に挙げられます。

また、日焼けをした肌は通常の肌に比べて黒くなってますよね。脱毛器は濃い色に反応するという仕組みを持っているため、日焼けをした肌に反応して火傷を起こしたり、ムダ毛に対してピンポイントでダメージを与えることができなくなります。


せっかく脱毛したとしても十分な効果が得られないので、日焼けをしている最中は基本的に脱毛はNGだと考えておきましょう。これは例え日焼けしている肌が痛みを感じていなかったとしても同じことがいえます。

例え痛くなくても日焼けをしていればそれだけ肌はダメージを受けているわけなので、そこに脱毛で追い討ちをかけるようなことはしないでくださいね。

日焼けをした状態で無理に脱毛を行うと色素沈着などのトラブルにも繋がる可能性が高くなります。


脱毛中は絶対にやるべき紫外線対策!



忘れてはいけないのが日焼け止めを塗るということです。脱毛中は例え短時間の外出だったとしても忘れることなく日焼け止めを塗っておきましょう。

汗で流れてしまうことも多いので長時間の外出になる際には外でも塗り直しをしてくださいね。

また、日傘をさすのも効果的な紫外線対策です。日傘や帽子を選ぶ際にはUVカット機能が備わっているものを選びましょう。半袖やスカートで外出すると紫外線にさらされる部位が多くなってしまうため、露出を少なくするということもポイントです。


ただ、夏場の季節に長袖で過ごすのはなかなか厳しいものがありますよね。そこで薄いけれどをしっかりとしたUVカット加工が施されている上着を着るのがおすすめです。

上着ならば室内に入ったら脱ぐこともできるので、温度も調整しやすいでしょう。


いくら薄い生地といっても夏場の季節は暑いと感じるかもしれませんが、日焼けをすると脱毛完了までの道程が遠のくので我慢しましょう。

外出しない日ならば紫外線対策を取らなくても良いというわけではありません。例えば、家の中にいたとしても窓から入ってきた紫外線が降り注いでいたり、床に反射した紫外線が顔に当たってしまうこともあるわけです。


室内で働いているという方も窓際の席で過ごすことが多い場合は十分な紫外線対策が必要です。室内の紫外線対策をする際には日焼け止めはもちろんのこと、すだれなどを使うのもおすすめ。窓に貼るUVカットシートなどもあるのでチェックしてみてくださいね。

また、脱毛中は季節を問わずに紫外線対策を行っておきましょう。紫外線が強くなる季節といえば夏場ではありますが、一年を通して肌に影響を与える程度の紫外線が降り注いでいます。


例え紫外線が強くない季節だったとしても脱毛をしている場合にはUVカット効果のあるファンデーションなどを使い、紫外線対策をとりましょう。

紫外線対策を成功させるための大きなポイントともいえるのが、何か一つではなく組み合わせて対策をとるということ。日焼け止めを塗っているから日傘をささなくても良いと考えるのではなく、どちらも取り入れましょう。

日焼け止めの使い方



大切なのは塗りムラが出ないようにするということ。塗りムラを防ぐためには一度に大量に出して肌にのせるのではなく、少量ずつ出して、丁寧に伸ばしましょう。

日焼け止めの種類によっては肌が白く見えてしまうものもありますが、それを気にして少量しか付けないと十分な効果は得られません。メーカーの指定している使用量をよく確認し、それを守りましょう。


多くの方が失敗しがちなポイントといえるのが塗り直しに関することです。実は日焼け止めは少し触ったり汗をかいただけでも落ちやすいという特徴を持っているため、こまめに塗り直しをすることが大切なのです。

できれば2~3時間おきに塗り直しをしてください。また、去年買ったけれど使いきれていない日焼け止めがあるから今年はそれを使おうと思っている方もいるかもしれません。


しかし、日焼け止めの使用期限は短いので注意してくださいね。期限の切れたものを使うと十分に日焼け止めの効果が得られない場合もあります。

それから一口に日焼け止めといっても商品によって強さには違いがあるので外出時間などに合わせて最適なものを選ぶことが大切です。


帰宅したあとは丁寧に日焼け止めを落とすことも忘れずに。日焼け止めは肌を紫外線から守ってくれるものではありますが、長時間肌に成分が残っていると刺激につながってしまいます


日焼け止めを塗った日は脱毛できる?



脱毛中の日焼けについてご紹介しました。

脱毛中の紫外線対策がいかに重要であることがおわかりいただけたかと思いますが、では、日焼け止めを塗った状態でそのまま脱毛をすることは問題ないのでしょうか。


結論から言ってしまうと、できれば脱毛前には肌に日焼け止めを塗らない状態が理想的とされています。

というのも、日焼け止めが肌の毛穴に浸透し、脱毛器の効果を弱めてしまう可能性があるからです。特に粘度の高い日焼け止めクリームを使った場合にはこの可能性が高まります。

脱毛器は黒い光に反応する特徴を持っているため、毛穴をふさいでムダ毛が見えない状態になると効果的に処理することができなくなるのです。

脱毛サロンへ移動中の日焼けには注意!

脱毛前はできれば日焼け止めは塗らないほうが良いのですが、脱毛サロンまで移動している最中に紫外線を浴び、日焼けしてしまったら大変です。

そこで、脱毛前に塗っていたとしてもあまり問題のないタイプの日焼け止めを選びましょう。例えば、毛穴詰まりしにくいスプレータイプやリキッドタイプの日焼け止めがおすすめです。


反対に絶対に避けておかなければならないのがウォータープルーフタイプの日焼け止めですね。ウォータープルーフタイプといえば水などでは簡単に落ちないのが魅力の日焼け止めです。

脱毛サロンに行った際に日焼け止めを塗っているということを伝えると軽くふき取ってもらえるのですが、ウォータープルーフタイプはサッと拭き取った程度では落ちません。


そのため、ふき取ってもらえば落ちるような日焼け止めを選択するのもおすすめです。

それにウォータープルーフタイプは落ちにくいかわりに肌に残りやすいというデメリットがあるため、肌が弱い方が使うと肌トラブルにつながるケースもあります。


家庭用脱毛器であればあまりこういったことを考える必要はありませんね。自宅でゆっくりと脱毛ができるため、外出時に日焼け止めを塗ったとしてもそれを丁寧に落としてから脱毛ができます。

家庭用脱毛器を使う場合も日焼け止めを塗ったままの状態で処理を行うと十分に効果が発揮できない可能性があるので、日焼け止めを落としてから行いましょう。

<脱毛中に絶対やるべき紫外線対策!!まとめ>

  • 日焼けをした肌だと脱毛の刺激が大きな肌トラブルを招く可能性がある
  • 日焼けをした状態で脱毛をすると色素沈着につながる場合もある
  • 日焼け止めを塗るのは最低限の紫外線対策
  • 室内での紫外線対策も忘れずに
  • サロンで脱毛する場合は落としやすいタイプの日焼け止めを塗っていく