永久脱毛ってどう意味か知っていますか?

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能なの?



忙しくてなかなか脱毛サロンに通えないという方から人気の方法が家庭用脱毛器を使った脱毛です。ただ、やはり専門的なサロンではなく家庭用脱毛器での脱毛ということになると本当に効果があるのか疑ってしまう方も多いはず。

果たして家庭用脱毛器で永久脱毛をすることは可能なのでしょうか。


家庭用脱毛器で永久脱毛はできるの?

昔ながらのムダ毛処理の方法といえば毛抜きやカミソリなどを使った方法ですよね。ですが、近年は常につるつるの肌を目指すために脱毛する方も増えてきました。

そこで大きな選択肢がサロンやクリニックで脱毛するのか、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するのかという二択です。


一ヶ所のみの脱毛ならばサロンやクリニックで行った方が安く済むことも多いのですが、脱毛部位が増えれば増えるほど料金は高くなってしまうため、料金を抑えるために家庭用脱毛器を選択する方もいます。

しかし、効果の問題については気になるところですよね。


家庭用脱毛器というとサロンやクリニックで行う脱毛に比べて効果が低いように感じてしまうかもしれませんが、脱毛の原理としては同じです。

確かに専門家のいるサロンやクリニックで使われている脱毛器に比べると出力は低めに設定されているのですが、脱毛が完了する仕組みは同じなので家庭用脱毛器は効果が低いというわけではありません。


ただ、そもそも「永久脱毛」という言葉を勘違いして理解している方が多いようなので気を付けておきましょう。

永久脱毛とは?



永久脱毛と聞くと永久的にムダ毛が生えてこない状態のことをいうのだと思いがちです。しかし、実はそうではありません。アメリカの脱毛協会によると最終脱毛を行ってから2年後の時点で再生率が20%以下だった場合、永久脱毛と認められます。

つまり、仮に脱毛が完了してから2年後の時点でムダ毛が19%ほど再生したとしてもそれは永久脱毛としての効果は十分に出ていると判断できるわけですね。


クリニックやサロンで「永久脱毛したのに少しムダ毛が生えてきてしまった…」というのは十分に考えられることだといえるでしょう。

極端な例をご紹介しましたが、ほとんどのケースでは脱毛が完了した後に、もともと生えていたような目立つムダ毛が生えてくるようなことはありません。

家庭用脱毛器は永久脱毛できる?

家庭用脱毛器というのはサロンや医療機関で行われている脱毛行為を自宅でも行えるようにと開発された脱毛器のことです。事前準備からアフターケアまですべて自分で行わなければならないというデメリットはありますが、とても気軽に脱毛できる方法だといえるでしょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛ができるのか?ということについてですが、結論から言うとできません。というのも家庭用脱毛器はサロンや医療機関で使われている脱毛器に比べると出力が小さいからです。


しかし、完璧な永久脱毛ができなかったとしてもムダ毛処理をせずに美しい肌が保てる状態にすることは不可能ではありません。正しい使用方法で家庭用脱毛器を使い続ければ目立つムダ毛はなくなり、処理が必要になったとしてもその頻度はかなり低くなります。

面倒なムダ毛の問題に悩んでいるのであれば、家庭用脱毛器でも十分な効果が期待できるでしょう。


永久脱毛ができる脱毛法は?



永久脱毛の定義についてご紹介しましたが、医療レーザー脱毛を選択した場合、高確率でムダ毛は生えてきません。医療レーザー脱毛では毛根を破壊することにより毛が生えるシステム自体がなくなるからです。

一方、エステサロンは医療機関でないこともあり、医療レーザー脱毛よりも弱いタイプの脱毛機を使っています。そのため、照射した熱が毛根までは届かず、毛を生やすのに必要な組織は残ってしまうのです。


こちらのケースでは脱毛が完了してから何年後かにムダ毛が再生する可能性は低くないといえるでしょう。エステサロンで行われている脱毛というのは永久脱毛ではなく、抑毛・制毛効果が期待できる施術ということになります。

今現在、永久脱毛ができると認められているのは美容電気針脱毛のみです。これはニードル脱毛や針脱毛とも呼ばれており、医療資格を持った人のみが行える医療行為となっています。


確実にムダ毛が生えてこない状態になるというメリットは大きいのですが、毛穴に細い針を刺し、そこに電流を流して毛根を破壊するという脱毛方法なので、とにかく痛みが強いのがデメリットです。

一つ一つ毛穴を処理していくわけなので施術には時間もかかりますし、料金も高いということは覚悟しておかなければなりません。


医療機関で行う美容電気針脱毛以外では永久脱毛が難しいということは、エステサロンで行う脱毛も家庭用脱毛器で行う脱毛も条件は同じだということです。

家庭用脱毛器は更に比べて出力の弱い脱毛器を使っていますが、継続して使うことによりサロンで行う脱毛と同じくらいの効果を得ることができます


家庭用脱毛器でもムダ毛のない美肌は目指せる!



美容電気針脱毛で永久脱毛しようと思った場合、両ワキだけでも10万円前後の費用がかかります。これは毛量が少なかった場合の話なので、毛量が多い場合は簡単に10万円以上の費用がかかるのです。

ワキは範囲が狭いですが、永久脱毛の美容電気針脱毛で腕や足のムダ毛まで処理しようと思ったらかなりの時間と費用がかかるため、注意しておきましょう。


永久脱毛ではなかったとしてもサロンやクリニックでの脱毛、家庭用脱毛器での脱毛を行えば美しい肌が目指せます。

ムダ毛がなくなるということも大きな理由ですが、自己処理が必要なくなるというのは肌にとって大きなメリットになるのです。特に肌が弱い方の場合、カミソリや毛抜きで処理をすると肌荒れに繋がることもありますよね。


すると刺激を感じた肌は肌を守るためにメラニン色素を分泌します。これが肌に蓄積すると肌の黒ずみに繋がるケースもあるのです。

長年カミソリや毛抜きでムダ毛処理をすると黒ずみが悪化し、美白治療などを受けなければ状態が改善できないくらいまで悪化することもあります。


思い切って脱毛を行えばこういった肌トラブルも防げるようになるので、永久脱毛ではなくサロンや家庭用脱毛器での脱毛だったとしても美しく健康な肌を作ることができるでしょう。

この章のまとめ

  • サロンやクリニックで行う脱毛と家庭用脱毛器の原理は同じ
  • 永久脱毛とは永久的にムダ毛が生えてこない状態ではない
  • 家庭用脱毛器で永久脱毛はできないが十分な効果は得られる
  • エステや家庭用脱毛器での脱毛は抑毛・制毛効果がある
  • 永久脱毛ができると認められているのは美容電気針脱毛のみ