将来のお肌を考えると脱毛するのが安心!

高校生の肌ケア。脱毛で友達に差をつけよう!

10代の子は肌がとても健康なので、特別なスキンケアをする必要はありません。外を走り回ったり日差しを浴びても、数日もすれば元に戻るのですから羨ましいですし、以前は自分も肌の悩みなど皆無だったことが懐かしくなります。

とはいえ、思春期を過ぎて高校生ともなると、精神的にはまだ子供でも体つきはほとんど大人と変わらなくなります。綺麗になりたいという気持ちが強くなる時期ですから、周りのクラスメイトは化粧を始めたり、スキンケアに気を配るようになります。


中学生までは洗顔だけで終わるのが普通で、その後にケアするなんて考えもしません。勉強や部活動に明け暮れる毎日ですから、肌の状態を気にする子も少ないし、高校受験を控えてそれどころではないのは確かですね。

しかし、高校に入学して落ち着いてきた頃に、何となく見た目が気になり始めます。周りに化粧している子が増えると、自分もしなくてはという気持ちになり、メイク用品を揃えたりするものです。そういう年齢ですから仕方ないですが、化粧は肌に負担がかかってしまいます。


ファンデーションは毛穴を塞ぐため、皮膚が呼吸できなくなりますし、肌に合わなければ吹き出物や肌荒れの原因になるので、メイクはしない方が良いですね。若く健康な肌に余計なものは塗らないで、洗顔後に化粧水や乳液で整える程度でも十分に美肌を維持できます。

ただ、化粧に関しては簡単に解決できますが、深刻なのはムダ毛の悩みです。毛深い子は中学生頃から悩みを抱えており、プールの授業に出るのが苦痛でたまらないという女子も少なくありません。気になるのがワキ毛程度なら、カミソリで剃っている子も多いですね。


しかし、ムダ毛が全身に及ぶほど濃い場合は、どうすることもできません。高校生にもなると親に体の悩みは打ち明けず、一人で何とかしようとカミソリや毛抜きを使って自己処理を始めてしまいます。不慣れな手つきのため肌を傷つけたり、赤くブツブツができたりトラブルにもなります。

人並み以上に体毛が濃いと恥ずかしいのは分かりますが、こんな処理を続けていたのでは肌がボロボロになってしまいます。せっかくの若いピチピチ肌ですから、無理なムダ毛処理はやめて、安全に脱毛する方法を選択しましょう。


家庭用脱毛器なら操作も簡単ですし、肌への負担も少ないので安心です。最近は様々な機種が出ていますので、親に相談しながら選ぶのも良いですし、試してみる価値が大きいのは確かです。脱毛して毛穴が引き締まったら、美肌で友だちにも差をつけることができますね。