ムダ毛処理に肌トラブルはつきものです

ムダ毛処理で炎症、どうケアする?

ムダ毛の自己処理をしていると、かなりの確率で炎症を起こしてしまいます。処理方法の代表格はカミソリと毛抜きですが、カミソリの刃が古いとつい力が入って肌を傷つけたり、その傷口から雑菌が入り込んでしまいます。

また、毛と一緒に皮膚も削れてしまいますので、肌全体が炎症を起こしてしまいます。痛みのない軽い炎症程度だと放置する人もいますが、処理を繰り返していると色素沈着や黒ずみの原因になります。カミソリは皮膚を少なからず傷つけていることを、十分に認識する必要があります。


では、毛抜きなら肌が荒れなくて良いのかというと、実はカミソリより危険なのです。毛根から強引に毛を引き抜く行為は、毛穴が広がり毛根内が炎症を起こしてしまうため、皮膚が赤く隆起する毛嚢炎になる恐れがあります。

症状が軽ければ放置しても治りますが、悪化すると皮膚科で受診することになります。カミソリや毛抜きを使用する際は慎重に扱うように注意し、もし炎症を起こしてしまった場合は入念にケアをしましょう。


最初に石鹸でよく洗いますが、なるべく肌に優しい刺激の少ないものを選びます。次に、炎症している部分をアルコールで消毒し、タオルで包んだ保冷材で冷やします。

炎症を起こすと痛むことが多いのですが、皮膚内部が炎症状態だと痒みも発生するので、この冷却と消毒作業が重要になります。明けて翌日は一転して温めるようにすると、血行が促進されて傷が治りやすくなります。また、カミソリを使用したらクリームを塗り、保湿ケアは翌日以降が望ましいですね。


いずれにしても、カミソリや毛抜きで自己処理を続けると、肌にかなりの負担がかかるということは避けようのない事実です。なお、やむを得ずカミソリを使用する場合には、石鹸の泡を代用して剃るのは論外なので、専用のシェービングジェルなどを使用します。

本来はムダ毛のない美肌が目的ですから、肌トラブルを起こしてしまうと本末転倒です。その点で家庭用脱毛器なら、皮膚を削ったり毛穴を傷つけるなどの危険性もなく、肌への負担も少ないので炎症が起こるリスクも低くなります。


毛根に直接働きかけますので、脱毛後の毛穴はキレイに引き締まり、キメの整った美肌も難なく実現できます。自己処理と違い数週間はキレイな肌を維持できますから、翌日には毛が生えてきたなんてガッカリすることもありません。

理想的な脱毛方法は手間と時間をかけず、肌へのリスクがないのが一番ですし、脱毛すると同時に美肌も手に入る家庭用脱毛器はおススメです。