脱毛サロンも永久脱毛は無理?!

【効果なし?】脱毛サロンで脱毛したのにまた生えてきた・・・



思い切ってサロンで脱毛したものの、脱毛が完了してからしばらくするとまた生えてきた…と悩んでいる女性は非常に多いようです。施術が失敗したのではないか、話が違うのではないか…と思うかもしれません。

また、サロンでの脱毛を検討しているものの、口コミを調べてみたところ「また毛が生えてきた」という話を聞き、悩んでいる方もいるでしょう。

実はこれはサロンで失敗したというわけではありません。というのもサロンでは根本的に永久脱毛はできないのです。


脱毛サロンで脱毛しても毛は再生する可能性がある



自宅でカミソリなどを使って行う自己処理は何度もムダ毛が生えてきますが、サロンで脱毛をした場合は一生をムダ毛が生えてこない状態になると思っている方もいるはず。しかし、そうではありません。

実際にサロンで「永久脱毛」という言葉を取り扱っているところはほとんどないといえるでしょう。


というのも、現在永久脱毛の効果が認められてるのは医療機関で特別な資格を持った人のみが行える美容電気針脱毛(ニードル脱毛)のみです。こちらの脱毛方法ならば毛を作る毛根を破壊できるためムダ毛が再生してくることはありません。

ですが、サロンで使われている脱毛機というのは医療機関のものよりも出力が弱い脱毛機を使っているため毛根に十分なダメージを与えることができず、しばらくすると毛が再生する可能性があるのです。


そもそも永久脱毛の定義というのは脱毛完了後に一生ムダ毛が生えてこないというものではありません。

脱毛の先進国のアメリカでは脱毛が完了してから1ヶ月後の時点で毛の再生率は20%以下だった場合に永久脱毛が成功したと判断されるのです。つまり、永久脱毛が終了してからほんの2~3本程度ムダ毛が生えてきたとしてもおかしくないということですね。


さらに言えば、この定義が適応されるのは医療機関で行われているレーザー脱毛であり、サロンで行われている光脱毛では根本的に永久脱毛はできません。

そこで、サロンでは永久脱毛ではなく「不再生脱毛」や「永久滅毛」という表現が使われることが多いです。

脱毛サロンや家庭用脱毛器でも目立たない状態にすることは可能!

それならばサロンで脱毛しても全く意味がないのか?というわけではありません。サロンで脱毛する場合は何度か定期的に通わなければならないものの、それがすべて終わればほとんどムダ毛処理をしなくても済む状態になります。家庭用脱毛器も然りです。

医療機関で行われているレーザー脱毛ほどの効果は得られないものの、ほとんどの方はサロンや家庭用脱毛器での脱毛でも十分満足できるでしょう。


脱毛するならサロンと脱毛器、どっちがおすすめ?



家庭用に作られている脱毛器も基本的な仕組みはサロンで使われている脱毛機と同じです。そこで、脱毛方法としてサロンと家庭用脱毛器のどちらを選択しようか悩んでいるという方もいるのではないでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを紹介するので自分にとって最適なものを選んでみましょう。

サロンのメリット・デメリット

大きなメリットとして挙げられるのが脱毛の知識が全くない人でもただお任せしているだけで美しい肌を目指せるということです。アフターケアも行ってくれるサロンが多いので安心ですね。

サロンは医療機関ではありませんが脱毛を行っているサロンは万が一の肌トラブルに備えて医療機関と提携をしているため、適切な対応を取ってもらえます。


デメリットは、脱毛する部位が1~2ヶ所程度であれば料金面でのメリットが大きいものの、全身脱毛を選択した場合などにはどうしても料金が高くなってしまいます。

また、VIOなどの脱毛をお願いする場合には恥ずかしさを感じてしまうというのも大きなデメリットだといえるでしょう。脱毛が完了するまでには何度か通わなければならないため、通う手間がかかるということも挙げられます。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット



何と言っても手軽だというのが大きなメリットです。サロンで脱毛する場合、何度か足を運ばなければなりません。ですが、家庭用を脱毛器ならば自分の空いている時間を使って処理ができるので、忙しい方でも安心ですね。

サロンの中には急な予定が入って予約をキャンセルした際にキャンセル料が発生したり、1回分の施術が消費された扱いになるところもあります。家庭用脱毛器を使えばこのような心配もないので予定が変わりやすい方にとっても最適な脱毛方法だといえるでしょう。


全身脱毛をする場合、サロンよりも料金がお得になるケースが多いというのもメリットです。家庭用脱毛器といっても安いものではありませんが、詳しく料金を比較してみると結果的に家庭用脱毛器の方がお得な場合も多いのでチェックしてみてくださいね。

料金のデメリットを抑えるために家族や友人とシェアして使っている方も多いようです。サロンではこういった節約方法は選択できませんよね。


デメリットとして挙げられるのがすべて自分で行わなければならないということ。例えば、脱毛前にはシェービングが必要になるのですが、サロンの中には無料でシェービングを行ってくれるところもあります。こういったことを手間に感じる方もいるかもしれません。

また、サロンで使われている脱毛器は医療機関で使われているものに比べると出力が弱めに設定されているのですが、家庭用脱毛器は更に出力が抑えられている商品が多いです。


そのため、サロンで脱毛するのに比べると長い期間がかかってしまいます。できるだけ短期間で脱毛完了させたいという方にとってはここがデメリットになるでしょう。

脱毛完了までに時間がかかるということを除くと家庭用脱毛器のデメリットというのはそれほど多くありません。自宅の近くに通える脱毛サロンがないという方にとっても嬉しいアイテムですよね。


できるだけ手軽に脱毛したいと思っているのであれば家庭用脱毛器から検討してみてはどうでしょうか。

この章のまとめ

  • サロンでは永久脱毛ではなく不再生脱毛(永久滅毛)が可能
  • サロンは通う手間がかかる
  • 家庭用脱毛器はサロンよりも料金がお得になるケースも多い
  • 家庭用脱毛器のデメリットは多くない