正しく使って、脱毛効果をあげよう!

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器の使い方をご紹介していきます。

まず自宅で家庭用脱毛器を使う前には、脱毛したい部分のムダ毛を剃って準備しておきます。このとき石けんやシェービング用クリームを使用してムダ毛を剃った場合は、石けん分をしっかりと水で洗い流しタオルなどできちんと水分を拭き取っておきましょう。


次に、脱毛器の電源コードをコンセントに接続し、電源スイッチのボタンを押してオンにしてから電源が入っているのを確認します。電源が入ったら、脱毛器の本体についている照射レベルを調節するボタンでレベルを調整します。

ほとんどの家庭用脱毛器は、自分の肌に合わせてレベルを調節できるので、初めて家庭用脱毛器を使う人や肌のデリケートな部分の脱毛をするときは、低めのレベルからスタートするといいでしょう。


レベル調節後にチャージが完了したら、家庭用脱毛器の照射口を脱毛したい部分の肌に当てます。このとき、肌に対して照射口を水平に当てるようにすると、脱毛器の皮膚認識が正常に行なわれて脱毛がスムーズにいきます。

照射口をしっかり脱毛したい部分に当てたら、ボタンを押して照射を行ないます。脱毛器の種類によっては、照射が的確に行なわれないときにはエラー音などで知らせてくれるタイプもありますので、その場合は合図にしたがって再度トライしてください。


脱毛器のライトが光って脱毛が行なわれたら、照射口をズラして同じ要領で気になる部分の脱毛を行ないます。こちらも脱毛器の種類によっては、照射が終了したときに音で知らせてくれるタイプのものもありますので、その場合は合図にしたがってください。この繰り返しで、脱毛したい部分にまんべんなく照射を行ないます。

照射漏れがあった場合は、その部分だけ脱毛がされていないことになりますから、丁寧に確認しながら照射を行なうことをおすすめします。


使用時の照射によって肌に熱感などの刺激を感じるようでしたら、使用前に保冷剤などで肌を冷やしておくという方法もあります。 また、使用後に肌に刺激感が残るような場合は、手持ちの化粧品を塗るといいでしょう。