キャンセル料が発生しない脱毛サロンはあるの?

サロン、キャンセル料っていくら?

脱毛サロンに予約を入れたのに、事情があって行けないこともありますよね。仕事帰りに行く予定が残業確定になってしまった、あるいは急な発熱で体調が悪いなど、理由はさまざまでしょう。

行けないならキャンセルするしかないのですが、各サロンではキャンセル料金を設定していますので、どんな理由であっても支払う義務があります。


契約内容にキャンセル料金の説明が記載されており、サロンによって金額や条件に違いがありますので、契約時にしっかり確認しておくべきです。

ほとんどのサロンでは、前日までの電話連絡にキャンセル料金は発生しませんが、当日のキャンセルには1000円程度かかります。なお、当日は連絡もなくドタキャンした場合、倍額に近い料金を請求されたり、1回分の施術を消化したという扱いになります。


また、遅刻した場合もペナルティがあり、10分の遅刻で施術時間の短縮や施術不可になるところがほとんどです。この程度ならまだ良心的ですが、脱毛サロンによっては契約料金が6000円なのに対して、当日のドタキャンが1万円も発生することもあります。

契約したコース内容次第では、キャンセルが何回か続くと損してしまうという逆転現象が起こってしまうのですね。やむを得ない事情でキャンセルするのに、そんな費用を請求されるは納得できないと思うかもしれませんが、普通に考えたら仕方ないことです。


サロンの顧客は一人だけではなく、数多くの施術を毎日行っていますので、予約に沿ったスケジュール管理が重要になります。予定通りに施術を滞りなく行い、次の顧客を時間に遅れず案内する必要がありますので、急なキャンセルは現場の混乱を招きます。

前日までに、あるいは遅くとも当日の早い時間に連絡を入れると、サロン側も臨機応変に対応することができます。しかし、ギリギリの時間まで来店するのか不明だったり、ドタキャンされるとサロンだけではなく他の顧客にも迷惑がかかります。


キャンセル料を設定しているのは、ある意味ドタキャンや遅刻を抑止する効果がありますので、もし撤廃するとキャンセルや遅刻が頻発してしまいます。しかし、頭では理解できても、人間なので急な体調悪化や抜けられない用事が入るなど、避けられない状況も考えられます。

断るのも何となく申し訳ない気持ちになりますので、キャンセルのことを考えると不安になるとか、体調のコントロールに自信がないという人は、いつでも都合や体調に合わせてできる家庭用脱毛器が便利でおススメです。