日本製の美容家電なら、安心が大きい!

家庭用脱毛器、買うなら日本製?

家庭用脱毛器を選ぶ基準として、どんなことに重点を置きますか?価格や使いやすさ、機能性など人によって優先度は違うと思いますが、意外にも製造国を気にする人は少ないですね。

最近は脱毛機市場の活性化により、アメリカやイスラエル、隣国の中韓からもさまざまな商品が輸入販売されています。価格だけを比較してみると、日本製より海外製品が安い傾向にありますので、売れ筋から見ても上位に並んでいます。


市場に出回っているのはフラッシュとレーザーの2種類ですから、仕組みが同じであれば必然的に価格が安い方を選ぶでしょう。脱毛器の価格は結構高めということもあり、出来るだけ費用はかけたくないという心理が働くのは当然ですね。

しかし、脱毛器に限っては品質や性能を考えたら、日本製の使用をおススメします。というのも、海外製品は日本人の肌に合わないことから、使用によるトラブルが頻発しているというのが現状です。脱毛器が肌質に関係あるの?と思うかもしれませんが、実は多大な影響があるのです。


脱毛器の仕組みは黒い色に反応するため、肌や毛の色によって効果に違いがありますし、白人と黄色人種では効果の差が歴然です。しかも色が濃いほど機器が反応しやすいため、火傷などが起こる原因になります。

また、説明書が英語というケースが多いため、使用方法や注意事項がよく分からず、後でさまざまなトラブルが発生することも多々あります。もともとが日本人の肌に合わないことと、故障やトラブルの際にスムーズな対応が難しいというのは深刻な問題ですね。


その点で日本製の脱毛器なら、優れた技術力と高品質という点ではダントツです。日本メーカーが日本人の肌を徹底的に研究して、最適な製品を開発しているのですから、機能性と性能の高さは明白です。逆にいうと、日本人の肌質に合わせて作られているため、違う肌の色の人は使えません。

日本製が優秀なのは機能面だけではなく、故障しにくいという安心感もあります。昔から家電を中心に、日本製品は故障しにくく長期に渡り使用できるとして、海外からも高評価を受けてきました。日本メーカーが開発した製品を日本の工場で作るのですから、信頼性は抜群といえます。


日本製の脱毛器は海外製より価格は高くなりますが、説明書はもちろん日本語ですし、カスタマーセンタも日本ですから安心度が違います。脱毛器自体も肌質に合う高性能機器で、故障の心配も少ないとなれば、海外製と日本製のどちらを選ぶべきかというのは明らかですね。