脱毛器でデリケートゾーン脱毛できちゃうの?!

家庭用脱毛器でVIO脱毛にチャレンジ!注意点とポイントは?



家庭用脱毛器を使っている方の中には、サロンやクリニックでVIOの脱毛をするのが恥ずかしいという理由で家庭用脱毛器を選んだ方も多いです。

施術をしてくれるのは女の人ではありますが、デリケートゾーンということもありそれでも恥ずかしいという方が多いでしょう。


ですが、果たして家庭用脱毛機器ではVIOの脱毛が可能なのかと不安に思っている方もいるはず。

そこで、詳細についてご紹介します。


家庭用脱毛器はVIOもできるの?



家庭用脱毛器ではVラインの脱毛は可としているものが多いです。しかし、IラインとOラインについてはNGとしているものがほとんどなので注意しておきましょう。

なぜNGなのかというと、危険性が高いからです。というのも、IラインやOラインは自分では見えにくく、照射する際に照射箇所を間違えてしまう可能性もあります。


また、デリケートゾーンは黒ずみもあるため、光が反応して肌への刺激が大きくなり、様々な肌トラブルに繋がってしまう危険性があるのです。

こういった事情から家庭用脱毛器ではVIOのうち、V以外の脱毛を不可としているものばかりだといえるでしょう。


もしもIラインやOラインの脱毛を行って何らかの肌トラブルが出たとしても本来推奨されていない使い方であるためクレームなどは言えません。

家庭用脱毛器を使ってIラインやOラインの脱毛を行うこと自体は不可能ではありませんが、リスクが高いということも理解した上で自己責任の上行いましょう。


万が一火傷などをしてしまった場合、家庭用脱毛器を使ってデリケートゾーンを火傷したと病院で伝えるのもなかなか恥ずかしいですよね。

サロンやクリニックの中にはVIOのみの脱毛ができるお得なプランを作っているところもあるので、Vライン以外の脱毛についてはサロンやクリニックで行うというのも一つの方法でしょう。


家庭用脱毛器でアンダーヘアを脱毛する方法と注意点!



IラインとOラインは推奨していない脱毛器がほとんどのため、ここでは家庭用脱毛器を使ったVラインの脱毛方法についてご紹介します。

まず、通常の脱毛と同じようにしっかり毛を剃っておきましょう。その際には先にハサミである程度カットしてからアンダーヘア用のシェーバーを使うとより安全です。


はさみは先端の丸いタイプのものを用意しておきましょう。通常の電動シェーバーを使う場合、長い状態の毛をそのまま剃ることはできないので事前にハサミでカットしておく必要があります。

アンダーヘア用の電動シェーバーならばハサミで事前にカットしておく必要がないものもあるのでチェックしてみてくださいね。


このあたりは使うシェーバーの種類によっても違うので確認しておきましょう。冷やさないと痛みを強く感じるため、氷水に浸したタオルなどを使って冷やします。

照射する際には椅子に腰かけて行うとやりやすいです。痛みについてですが、慣れるまでは出力をあまり上げないように注意しておきましょう。


毛が薄くなってくると出力を上げても痛みを感じにくくなりますが、初めから高い出力で行うと火傷のリスクも高まります。

どうしてもI・Oラインを脱毛したい場合

推奨されていませんが、IラインとOラインも基本的には同じ方法で処理することになるでしょう。Iラインは自分の目では確認できないため、角度調整ができるタイプの卓上ミラーがあると便利です。

これは100円ショップなどで購入できるもので全く問題ありません。Iラインの脱毛をする際に特に注意が必要なのが粘膜部分に照射してはいけないということ。


Iラインに照射しようとすると誤って粘膜に照射してしまう可能性があるので十分注意が必要です。

また、Oラインは座ったままでは照射ができないため自分で照射しやすい体勢などを考える必要があります。

衛生面でも注意が必要

お風呂上りに脱毛するとしても衛生面には十分注意が必要です。

家族で家庭用脱毛器を使い回す人もいますが、VIOの処理をする場合は自分専用のカートリッジを使うのが理想的だといえるでしょう。その場合もしっかりアルコール消毒をすると安心です。

やり方はとても簡単でコットンに消毒用のエタノールを含ませて脱毛器をふき取ります。ここでの注意点として、エタノールは燃えやすいという特徴を持っているため、確実にエタノールが乾いてから照射をしてくださいね。


黒ずみ改善で脱毛効果UP!



VIOの脱毛は痛いと言われることが多いです。そのため、サロンなどでも出力を下げて照射しているのですが、なぜVIOは痛みを感じやすいのかというと大きな理由は黒ずみにあります。

メラニン色素に対して働きかける脱毛器の場合、肌の黒ずみにも反応するため黒ずみやすいデリケートゾーンはどうしても痛みを強く感じてしまうのです。出力を強くするとその分痛みも強くなるため、VIOの脱毛は時間もかかる部位だといえるでしょう。


しかし、しっかりと黒ずみ対策をしておくと出力を上げても痛みを感じにくい状態になります。

デリケートゾーンは普段から下着と擦れて黒ずみが発生しやすい部位でもあるため、きつい下着を避けるなどの対策も効果的です。通気性の良い素材で作られた下着を選ぶのもおすすめなので試してみてはどうでしょうか。


また、繰り返し自己処理をしているとそれも黒ずみの大きな原因になるため、できるだけ早く家庭用脱毛器などに切り替え、肌に負担をかけないような状態にしたいですね。

発生してしまった黒ずみにはデリケートゾーン用の美白クリームを使うのもおすすめです。


痛みに強い人もVIOの黒ずみ対策をしっかり行っておいた方が良いでしょう。というのも、脱毛をしてキレイなデリケートゾーンが手に入ったとしても黒ずみがあるとそれだけで見た目がマイナスになってしまうからです。

脱毛するとツルツルになるので、その分肌の黒ずみも目立つ状態になります。


安全性と評価の高い家庭用脱毛器を使えばVラインの脱毛もトラブルなく済ませられるでしょう。

ランキングでの評価の高い脱毛器はVラインの脱毛に適しているものも多いのでぜひチェックしてみてくださいね。

この章のまとめ

  • 家庭用脱毛器ではVラインの脱毛は可なケースが多い
  • IラインとOラインの脱毛は危険性があるため推奨されていない
  • Iライン、Oラインの脱毛は不可能ではないものの自己責任
  • アンダーヘアの脱毛は慣れてから出力を上げるのがおすすめ
  • 黒ずみ対策をすると効果もアップし、痛みも抑えられる