埋もれ毛は厄介な肌トラブルです・・・

埋もれ毛の治し方は?

しばらく自己処理を続けていたら、埋没毛ができてしまったという経験はありませんか?埋没毛ができる原因はさまざまですが、主にカミソリや毛抜きでムダ毛処理を繰り返した結果、高確率で発生するといわれています。


毛穴や皮膚が傷ついてしまうと、皮膚を再生しようと防御反応が働いて、新たに皮を再生します。その間にも次の毛が生えてくるわけですが、出口が皮で覆われているため表に出られず、薄い皮膚の内側に埋もれてしまうのです。

外からは黒い毛が見えて恥ずかしいものの、簡単に取り出すことはできません。どの部位でも埋没毛になりますが、毛が太く生える方向がバラバラのワキやVラインは、皮膚も薄いため余計に発生しやすくなります。


なお、自分で処置する場合の注意点として、患部と使用する針を十分に消毒して、皮膚を少しだけ切開して、慎重に取り出すことです。皮膚がごく薄い場合は、しっかり保湿して角質を柔らかくすれば、自然に出てくることもあります。

とはいうものの、いずれの方法も確実ではないですし、安全性にも不安はあります。一般的に、埋没毛は放置していても吸収分解され、排泄されることが多いとされていますので、できるだけ触らないようにするのが賢明です。


しかし、中には何年経っても変化がなかったり、毛穴の部分がニキビのように赤く腫れる毛嚢炎になってしまうこともあります。こうなると自分で対処するのは困難ですから、早めに皮膚科を受診する必要があります。本来なら埋没毛を取り除くことより、発生させないように気をつけるべきです。

やむを得ずカミソリを使用する場合は、決して逆さ剃りをしないこと、十分な保湿ケアを心がけることが大切です。そもそも毛抜きはリスクが高いので、使用を控えるようにしましょう。


それでも埋没毛ができてしまった場合は、クリニックやサロンで処置してもらうのが最も確実な方法です。あるいは、家庭用脱毛器を使用するのも有効な方法で、埋もれ毛は綺麗に除去できますし肌荒れも改善できます。

ただし、気になって毛穴をほじったり、無理に毛を引っ張り出すと症状が悪化しますし、色素沈着になってしまうと、脱毛器を肌に当てることができなくなります。


埋没毛が見えると恥ずかしいし、何とか取り出したくなりますが、触りたい気持ちを我慢することも必要です。ムダ毛の無い肌に憧れているのに、埋没毛になったら美肌は遠のいてしまいます。

日頃から危険な自己処理は極力避けて、安全な方法で脱毛処理をすること、それでも毛が埋もれてしまったら、早めに適切な処置を心がけるようにしましょう。