埋もれ毛を作らずムダ毛を処理するためには?

脱毛器で埋もれ毛が・・・

以前に脱毛した脚を見たら、皮膚の内側に埋もれ毛が・・・という経験はありませんか?毛が皮膚の内側で成長して外に出てこない現象は、毛を抜いたことのある女性なら、一度は目にしたことがあるでしょう。

そもそも何故、生えてきた毛が皮膚内に留まるのでしょうか。これは埋没毛と呼ばれる現象で、抜くタイプの脱毛器や毛抜きを使用した場合に、発生する確率が高くなります。


毛を抜くのは皮膚に影響がないと思いがちですが、剃毛より肌への負担は大きいのです。強引に毛を引き抜くわけですから、必然的に皮膚も引っ張られることになり、抜いた後の毛穴が傷ついてしまいます。

人間の体は自然治癒力が働くため、毛穴の傷を修復しようと薄い皮で覆い始めます。その間に休んでいた毛根も、次第に毛母細胞が活性化し、再び生えてきた毛が成長し始めるのですが、出口が皮で塞がれて出られないのです。


結果として皮膚内に留まることになりますが、皮が薄いために外から見えてしまいます。こうなると処理するのは困難で、毛が表に出ないので剃ることも抜くこともできないし、ムダ毛を放置するのも恥ずかしいので大変です。

肌への影響より見た目を重視して、毛抜きやカミソリで薄皮を破り、毛を引っ張り出して抜く人もいますが、再び皮膚には傷がついてしまいます。当然ですが防御反応が働きますから、更に厚い皮で覆うようになり、同じ方法で毛を取り出すのは不可能になります。


また、強引に毛を抜くと埋没毛になるだけではなく、皮膚が引っ張られて鳥肌のようなブツブツの状態になったり、毛穴が開いて炎症を起こすこともあります。その毛穴から雑菌が入り込んでしまうと、化膿して皮膚が赤く腫れあがる毛嚢炎になってしまう可能性もあります。

ここまで症状が悪化してしまうと、自然に治ることは期待できません。通院して薬剤治療を受けたり、最悪のケースでは手術することになってしまいます。たかが毛を抜くぐらいと思うのは間違いで、高いリスクを伴うことは理解するべきです。


肌に負担をかけずキレイに脱毛するなら、フラッシュ脱毛器が最適です。特殊な波長の光を拡散して毛根に照射し、その後は自然に毛が抜け落ちる仕組みですから、肌に負担がかかりません。毛穴に直接ダメージを与えるため、安全で効率的に脱毛することができます。

しかも、照射できる範囲が広いため、短時間で広範囲の脱毛が可能になります。肌に優しく痛みもほとんど感じないので、ストレスなく脱毛できますし、処理後は毛穴が引き締まってキメ細かな肌になります。安全性と確実性を考慮したら、最もおススメできるのはフラッシュ脱毛器ですね。