抜くタイプの脱毛器は要注意ですよ

脱毛器でできる赤いブツブツの正体!解消する方法は?



手頃な価格で販売されている家庭用脱毛器は、主に毛を数本まとめて抜くタイプのものが多いですね。

カミソリで剃るよりもムダ毛が再生する時間が長いので、お手入れが楽だということ、またサロンに通う手間がなく、費用も安いことから人気があります。


しかし、こうした家庭用脱毛器を使用した人の中で、皮膚に「赤いブツブツ」ができてしまった、という人が後を絶ちません。

ここでは、家庭用脱毛器を使用したことによってできる赤いブツブツの原因や、その予防と処置の方法について触れています。


脱毛器でできる赤いブツブツの正体は?


「皮脂欠乏性湿疹」を起こしている場合

家庭用脱毛器の使用によってできる赤いブツブツには、いくつかの原因があります。

そのひとつとして挙げられるのが、「皮脂欠乏性湿疹」を発症しているケースです。皮脂欠乏性湿疹は、かゆみを伴う肌の炎症のことで、敏感肌の人や乾燥肌の人がなりやすいといわれています。


毛を抜くタイプの家庭用脱毛器は、脱毛時にかなりの負荷がかかり、毛穴の細胞まで一緒に剥がれてしまうことがあります。

こうしたお手入れを続けていると、肌を守るバリア機能がどんどん低下してしまい、炎症を起こしやすくなってしまうのです。


もともと健康な肌だった人でも、脱毛器の使用を続けることで肌が弱くなってしまうので、皮脂欠乏性湿疹を起こす可能性は高くなります。

「毛のう炎」を発症してしまっている場合



毛のう炎とは、毛穴にブドウ球菌という細菌が繁殖することで起こる炎症です。

家庭用脱毛器に限らず、ほかの脱毛方法でも毛のう炎になることがありますが、いずれも肌に負担がかかったり、炎症を起こしやすい敏感な状態になってしまっているときに起こります。

毛を抜くタイプの脱毛器は肌への負担がとても大きいので、肌や毛穴に傷がつき、そこからブドウ球菌が繁殖して毛のう炎を起こすことが多いです。

お手入れの継続によって毛穴が色素沈着を起こしている場合

抜くタイプの家庭用脱毛器を使用したり、毛抜きで毛を抜いたときに、毛穴が赤くなってしまうことがありませんか?

こうした赤みは数時間から数日の間に改善されることが多いのですが、お手入れを続けることで赤みが色素沈着となってそのまま残ってしまうことがあります。

この場合、炎症などとは違うので改善することは難しく、ずっとそのままになってしまうこともあるようです。


赤いブツブツを解消するにはどうすれば良い?


常に肌を清潔にしておくことは必須

皮脂欠乏性湿疹や毛のう炎など、皮膚の炎症を起こさないようにするためには、肌や毛穴を常に清潔な状態にしておくことがとても重要になります。

こまめに洗うことが効果的ですが、炎症を起こさないために肌を沈静させるよう、冷却ジェルなどで冷やすこともおすすめです。

ワキなどはムレやすく、毛穴に細菌が入りやすいので、専用のシートで拭くなどして常に清潔な状態を保つよう心がけましょう。

しっかり保湿することで、炎症が起きにくい状態にする

前述した皮脂欠乏性湿疹は、敏感肌の人や乾燥肌の人がなりやすいといわれています。

こうした肌タイプの人は、保湿をしっかり意識することで、皮脂欠乏性湿疹の発生を抑えることが可能です。脱毛をしたときはきちんと冷やして保湿をする、という人も、日頃のケアになると保湿を忘れてしまいがち。

足や腕などの比較的肌が丈夫なパーツにおいても、脱毛器を使用する人は常に保湿するよう心がけたいですね。乾燥したらすぐに保湿できるよう、ボディクリームなどを持ち歩くのもおすすめです。

皮膚科で診察を受け、ビタミン剤や塗り薬で治療する



皮脂欠乏性湿疹や毛のう炎、色素沈着など、いずれの場合も症状が深刻な場合は、皮膚科の診察を受け、治療を行なうのもひとつの方法です。

炎症を起こしている場合は、抗生物質や塗り薬などを使用することで、早めに症状を改善することができます。


色素沈着を起こしている場合は、皮膚科で直接的な治療を受けられない場合もありますが、ビタミン剤を服用したり、医師の処方する保湿剤を使用することで緩和されることもあるようですので、まずは一度医師相談してみるとよいでしょう。

脱毛器を見直してみる

抜くタイプの脱毛器は、赤いブツブツができやすいのはもちろん、かなりの痛みを伴うため、使っていてかなり辛い思いをしている人も多いのではないでしょうか。

痛い上に赤いブツブツができてしまうとなると、抜くタイプの脱毛器を使用することは、その人にとってよい脱毛器とはいえません。

最近は家庭用脱毛器にもいろいろな種類のものが販売されていますので、ここで一度脱毛器を見直してみるというのもひとつの方法です。


家庭用脱毛器でも、光脱毛なら赤いブツブツができにくい


光脱毛なら肌に負担をかけにくい

直接ムダ毛を抜くタイプの脱毛器だと、アフターケアをしっかりしても、どうしても肌への負担は強くなります。

光脱毛器は、肌に触れることなく特殊な光を当て、自然とムダ毛が抜け落ちていくという仕組みなので、抜くタイプと比べると肌への負担はかなり低いので、赤いブツブツが発生しにくいです。

敏感肌の人でも、光の出力レベルを低くすればより肌にやさしく脱毛をすすめることができますので、炎症などは起きにくいと思います。

家庭用光脱毛器を使用する場合も、アフターケアはしっかりと

とはいえ、光脱毛だからといって肌への負担がまったくないというわけではありません。光の出力を弱くすることで、かなり負担は減りますが、お手入れした後の肌は敏感になりやすく、アフターケアを行わないと炎症を起こしてしまうことがあるかもしれません。

お手入れをした後は、冷タオルなどでしっかり冷やした上で保湿を行ない、肌を守るケアをしてくださいね。

この章のまとめ

  • 赤いブツブツの原因は、皮脂欠乏性湿疹や毛嚢炎、色素沈着などがある
  • 肌を清潔に保ち、保湿をしっかりすることで赤いブツブツを改善しよう
  • いずれの場合も、症状が深刻な場合は皮膚科の治療を受けるのがおすすめ
  • 家庭用光脱毛器なら、肌への負担が少なく赤いブツブツが起きにくい
  • 家庭用光脱毛器を使用した場合でも、アフターケアはしっかり行なうこと