顔脱毛って痛いって聞いたことがあるけど実際はどう?

顔脱毛って我慢できる痛みなの?火傷の心配は大丈夫?



顔のムダ毛を処理している人は、やはりカミソリで剃っているという人が大半のようです。

カミソリ自体が安価ですし、洗顔の際にさっと手軽に処理できることから人気がありますが、たまに行う程度ならまだしも、長い年月カミソリの使用を続けていると、肌が色素沈着を起こしたり、毛穴が開きやすくなるといったトラブルの原因になることも。


では、どうやって処理すればいいのか、というと、最近は光脱毛や医療レーザー脱毛などの施術を手頃な価格で受けられるようになったので、ワキやボディだけでなく、顔も脱毛サロンでの施術を受ける人が増えています。

しかし、レーザー脱毛は痛みが強いため、顔脱毛にはおすすめできないという考え方もある様子。


ここでは、医療レーザー脱毛が顔脱毛におすすめできない理由や、顔脱毛におすすめの施術について触れていきます。


レーザー脱毛は痛みが強いのでおすすめできない?


レーザー脱毛は脱毛効果が高い分、痛みが強い

「レーザー脱毛は痛い」と耳にすることがありますが、どうしてレーザー脱毛は痛みが強いのでしょうか。

脱毛サロンでは主に「光脱毛」という施術を展開していて、レーザー脱毛は美容皮膚科などの医療機関で行う施術です。


どちらも脱毛の仕組みは同じで、特殊な光を脱毛したい部分に照射することで、毛根のメラニンに反応させて熱を発生し、その熱でムダ毛の生えてくる機能を焼いて破壊するというものになります。

レーザー脱毛は光脱毛と比べると光の照射レベルが高く、より強い光を照射することができることから、メラニンに反応する能力が強いのです。


より強く反応すれば脱毛効果も高くなりますが、その分発生する熱も大きくなるので、痛みが強くなるのですね。光脱毛は、レーザー脱毛と比較すると光が弱いため、脱毛効果がゆるやかになりますが、その分強い痛みを感じることはありません。


顔脱毛、痛みやすい原因は?


顔の皮膚は薄いため、痛みが伝わりやすい

前述したレーザー脱毛の痛みが強い理由のほかに、顔脱毛の場合は肌の状態も痛みを感じやすい原因となります。

顔の皮膚はワキや腕、脚などと比べると皮膚が薄いため、毛根で感じる痛みが肌に伝わりやすく、より強い痛みを感じてしまうようです。


それに加えて、レーザー脱毛や光脱毛は、ムダ毛が太く濃い部位ほど脱毛効果を得やすいという特徴がありますが、顔のムダ毛はうぶ毛状で細いため、光が反応しにくい場合があります。

光が反応しないと脱毛効果を得られないので、しっかり反応するまで光の照射レベルを上げる必要があり、照射レベルが高いためいざ光が毛根に反応したときの痛みが強くなってしまうのですね。


そのほか、日焼けで肌が黒い人は、施術時の光が毛根ではなく肌に反応してしまうため、強い痛みを感じるというケースもあります。

濃いシミやほくろなども同じように強い痛みを感じますが、ひどくなると肌がやけどを起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

顔脱毛の痛みはどの程度?

顔脱毛はそんなに痛いの!?と心配になる人もいるかもしれませんが、大ケガをしたときのような痛みを感じるわけではないので、そこまで心配はいりません。

痛みに強い人、弱い人がいるため個人差はありますが、レーザー脱毛の場合はバチっといったような痛みを感じる人が多いようです。


光脱毛は、光の出力が弱い分そこまで強い痛みを感じることはなく、照射したときにちょっとチリッとした痛みを覚える人もいますが、大抵はそこまで気にならないと思います。

レーザー脱毛も、どうしても我慢できないというわけではありませんが、光脱毛と比較すると、強い痛みを感じることは避けられないかもしれません。


顔脱毛におすすめの脱毛方法はどれ?


サロンなどプロの施術を受けるなら光脱毛がおすすめ

一般的に普及している脱毛サロンでは、光脱毛の施術を展開しています。クリニック系の医療機関では医療レーザー脱毛の施術を提供していますが、顔脱毛を安心して受けたいということであれば、光脱毛のほうが痛みが少ないのでおすすめです。

毛量が濃く、痛みが強くても脱毛効果が高いほうがよい、という人は医療レーザー脱毛をおすすめしますが、痛みに耐えられず通うことを断念してしまったという人もいるようですので、やはり継続して通い続けるなら光脱毛のほうがよいと思います。

家庭用脱毛器は光の調節が可能なので取り入れやすい

痛みがどのくらいかわからないため不安がある、という人は、家庭用脱毛器の導入を検討するのもひとつの方法です。家庭用脱毛器は、自宅で光脱毛の施術を行える製品で、サロンと同じ仕組みの脱毛を自宅でも施すことができます。

家庭用脱毛器にはいろいろな種類がありますが、例えば「ケノン」と呼ばれる製品は、光の出力レベルを調整する機能がついているので、自分の我慢できる範囲に出力を調整してお手入れすることが可能です。

光の強さと脱毛効果は比例しますので、あまり弱いと脱毛効果を得にくくなってしまいますが、自分でレベルを調節できるのは、痛みに弱い人にとってとても助かる機能ですよね。

家庭用脱毛器には美肌効果も期待できる

光の調節が可能なことに加え、家庭用脱毛器は製品によって美肌効果や美白効果が期待できるものもあるので、スキンケアと顔脱毛を一緒に行うことができて一石二鳥です。

具体的な効果としては、シミやソバカスが薄くなったり、肌の赤みが改善したり、毛穴が締まるといったものが期待できます。


たるみにも効果があったというユーザーもいるようですので、これはぜひ試してみたいところ。

家庭用脱毛器なら、自分の気が向いたときにいつでもお手入れできますし、半永久的に使えるので長い目で見るとサロンに通うよりもお得です。ただ、サロンと同様に光を当てられる部位は限られているため、注意が必要です。


美肌と顔脱毛に興味がある人は、家庭用脱毛器の導入を検討してみてはいかがでしょう。

この章のまとめ

  • 医療レーザー脱毛は脱毛効果が高い分痛みが強い
  • 顔脱毛は、肌が薄いことや皮膚の色素によってより痛みを感じやすい
  • プロの施術を受けるなら、医療レーザー脱毛より光脱毛のほうがおすすめ
  • 痛みに弱い人は、家庭用脱毛器を導入するのもひとつの方法
  • 家庭用脱毛器は脱毛効果のほかに、美肌効果も期待できる