家庭用脱毛器でシミできる噂の真実とは?

家庭用レーザー脱毛器でシミができるって本当?

レーザー脱毛の経験がなくても、ほとんどの人が言葉だけは知っているでしょう。医療機関でも採用している脱毛方法で、非常に優れた効果が高い評価を受けており、家庭用脱毛器でも人気の高い機種になっています。


しかし、自宅で脱毛する人が増えるのと並行して、レーザー脱毛器に関するさまざまなメリットや、デメリットも聞こえてきます。これから脱毛器の購入を考えている人にとって、かなり重要な判断材料にもなりますね。

メリットに関しては、メーカーのHPや宣伝サイトで確認できますが、デメリットはその人の主観や勘違いもあり、信憑性の問題が出てきます。したがって、さまざまな角度から情報を検証し、正確な内容を把握することが大切です。


レーザーを使用するデメリットとして、シミができるという噂が出ています。率直に言いますと、シミは紫外線を浴びることで作られますが、レーザーが発する光は、紫外線ではないためシミになりません。

要するに、レーザーの強い光を肌に照射することで活性化され、今まで皮膚の奥にあったシミが、表面に出てきたというのが真相です。しかも、あくまで一時的な現象にすぎませんので、数か月後には消えてなくなります。


また、これは使用方法の問題ですが、無理な操作をすると肌にダメージを与えます。脱毛器には出力レベルを調整する機能があり、数値が大きいほど効果も高くなりますが、痛みや熱も強く感じることになります。

最高レベルの出力で処理すると、やけどの恐れもありますし、操作方法は守っていても、処理前にムダ毛をカミソリで剃ると、肌荒れやシミの原因にもなってしまいます。


つまり、説明書の使用方法を守る限り、レーザーでシミができることはないのです。それでも、レーザーに対する不安は解消できず、今一つ決断できない人もいるでしょう。安全で確実な脱毛を希望するなら、フラッシュ脱毛をおススメします。

レーザーに匹敵する高い効果を誇っており、最近では主流となっている脱毛方法です。毛根に直接アタックしますから、痛みや肌へのダメージも最小限で済みます。短時間で手軽に処理できるのもメリットですが、顔に使用することが可能な機種もあり、口周りが気になる人には朗報ではないでしょうか。


処理したら1か月間は維持できますから、頻繁に剃ったり抜くなどの必要はありません。何回か処理を続けるうちに、生えてくる毛も細く少なくなります。次第に毛は生えてこなくなるので、面倒なムダ毛処理からは解放されて、キメの整ったすべすべの美肌が実現します。