自宅でのムダ毛処理の注意点

ムダ毛処理、毛抜きとカミソリが引き起こすリスク・トラブルって?



ムダ毛処理をする際にできるだけ簡単な方法を…ということで毛抜きやカミソリといった方法を選択している方も多いはず。しかし、この方法はおすすめできません。

というのも、リスクやトラブルが非常に大きく、デメリットの方が高くついてしまうからです。確かにとても手軽で費用も安く抑えられる方法ではありますが、具体的にどのようなリスク・トラブルが考えられるのでしょうか。

数あるトラブルを避けるためのポイントなどについてもご紹介します。


毛抜きやカミソリが引き起こすリスクやトラブル

毛抜き・カミソリを使ったムダ毛処理の方法というのはある程度の年齢になった方ならば一度は実践したことがあるはず。近年は毛抜きもカミソリも100円ショップで簡単に手に入る時代ですよね。

それに比べてサロンなどで脱毛するとなると簡単に数万円~数十万円の費用がかかるということもあり、できるだけ費用を抑えてムダ毛処理をしたいという方からも毛抜き・カミソリを使ったムダ毛処理が選ばれています。


確かに毛抜きやカミソリを使ったムダ毛処理の方法でもツルツルの肌を作ることは不可能ではありません。ですが、見た目ではキレイに見えたとしても肌は大きなダメージを受けています。

しかし、毛抜き・カミソリを使ったムダ毛処理をしている方やこれから処理をしようと思っている方は次のようなリスク・トラブルがあることを理解しておきましょう。

毛抜きを使ったムダ毛処理のリスク・トラブル



毛抜きを使ったムダ毛処理というのは肌全体をカミソリでなぞるのに比べるとデメリットが少ないように感じるかもしれません。確かに毛抜きの場合は肌全体ではなくムダ毛に対してピンポイントで働きかけるので、肌が受けるダメージは小さいように感じますね。

1本1本処理する必要があるため時間がかかるというのはデメリットではありますが、中には暇な時間に趣味のような感覚で毛抜きをしている方もいるはずです。


しかし、実は毛抜きを使ったムダ毛処理の方法というのはカミソリに比べてデメリットが大きいのです。

毛抜きを使ったムダ毛処理の方法というのは健康に生えている毛を無理やり引き抜く行為だともいえるでしょう。当然ながら肌には大きなダメージを与えています。


毛抜きを使ったことがある方の中にはムダ毛を抜いたところの肌がニキビのような状態になった経験もあるはず。無理やりムダ毛を引き抜いたことにより毛穴が傷つき、そこから雑菌が入り込んで大きな炎症に繋がるケースもあるのです。

カミソリを使ったムダ毛処理のリスク・トラブル



肌が弱い方の場合、カミソリを使ってムダ毛の処理をすると肌がヒリヒリ痛むことがあります。下手をするとカミソリでムダ毛の処理をしてから何日も経っているのにヒリヒリが治まらず、さらなる肌トラブルに繋がってしまうことも…。

また、カミソリを使った方法というのは肌表面の角質も一緒に削り取っています。すると、肌の乾燥に繋がるケースも多いのです。


カミソリを使ったムダ毛処理の方法ではムダ毛のみを剃ることはできませんよね。肌の表面も薄く削ることになるわけなので、当然ながら肌にはかなり大きいダメージを与えています。

削り取られた肌の表面からどんどん水分が蒸発し、乾燥肌に繋がる方も多いのです。


また、場合によってはカミソリを使って処理をした毛穴からブドウ球菌などの細菌が侵入し、ひどい毛のう炎に繋がることもあります。

こういったトラブルに繋がるとセルフケアではなかなか対策が取れないことも多いですね。脱毛に失敗したからといって皮膚科を受診するのは恥ずかしいという方もいるのではないでしょうか。


治療するとなれば当然ながら治療費もかかるわけなので、こういったデメリットを考えた上で毛抜き・カミソリを使ってムダ毛処理をするのか検討しなければなりません。

それから、毛抜きとカミソリの両方で挙げられる肌トラブルとして色素沈着の問題があります。ムダ毛を処理できたとしても色素沈着が残ってしまったら美肌とは言えません。


毛抜きを使って処理をしていると肌がブツブツになることがあります。これは毛穴の奥にある毛包という部分にトラブルが起きた毛のう炎である可能性が高いといえるでしょう。

放置しておいても数日で治りますが、こちらも色素沈着に繋がる可能性が高いです。


リスク・トラブルを避けて毛抜きやカミソリで処理する方法は?



毛抜きやカミソリでムダ毛の処理をするリスクやトラブルを避ける方法2ついてご紹介しましょう。

毛抜きのムダ毛処理トラブルを避けるには?

毛抜きを使った脱毛方法は数ある脱毛の中でも最も肌にダメージを与えると言われています。このダメージを少しでも防ぐためには毛穴を開いてから抜くということです。入浴時などが良いですね。

また、毛並みに逆らわず、生えている方向に向かって抜くと毛穴へのダメージを抑えることができます。


このような対策を取ったとしても毛穴へのダメージがゼロに抑えられるわけではないので処理をした後は丁寧な保水・保湿をしなければなりません。これを怠ってしまうと大きな肌トラブルに繋がる可能性があるので注意してくださいね。

カミソリのムダ毛処理トラブルを避けるには?

カミソリを使ってムダ毛処理をしている方の中には同じカミソリを何度も繰り返し使っているという方もいるのではないでしょうか。しかし、繰り返し使うことによってカミソリはどんどん劣化します。

当然ながら、衛生状態も悪化するでしょう。そのため、カミソリを使った肌トラブルを防ぐ効果的な方法は常に衛生的なカミソリを使うということです。定期的に新しいものに交換しましょう。


それから逆剃りをやめるというのも大きなポイントです。ムダ毛の流れに沿うようにして処理すれば多少肌へのダメージを抑えられます。

ですが、ムダ毛の流れに沿うようにカミソリを滑らせたとしてもポツポツとした黒ずみが気になる…という方も多いはず。逆剃りしなければ根本からムダ毛を処理することはできません。


しかし、この方法は肌に与えるダメージも大きいので見た目の良さをとるのか、肌へのダメージが少ない方法をとるのか考えなければならないでしょう。

それから、ムダ毛の処理をする際に「から剃り」を避けるというのも大きなポイントです。これは、肌に何も付けずにカミソリを滑らせる方法のこと。肌へのダメージを少しでも防ぐためにシェービングクリームなどを使いましょう。


シェービングクリームの代わりに入浴時に石鹸やボディソープを使うという方もいるようですが、これはおすすめできません。石鹸が肌の油分を洗い流すだけでも乾燥につながるのですが、その状態でムダ毛処理をするとさらに肌は乾燥しやすくなります。


一番お肌に安全なのは家庭用脱毛器!



できるだけ肌への刺激やダメージを抑え、美肌を作りながらムダ毛を処理したいと思っているのであれば最もおすすめなのは家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器といえばかなり高いのでは…と思う方もいるかもしれませんが、近年は昔に比べて手が届きやすい価格が設定されています。

家庭用脱毛器ならばサロンなどで脱毛するのとは違って自宅でいつでも好きな時間に処理ができるので忙しい方にも向いているでしょう。

この章のまとめ

  • 毛抜きを使った処理は肌に大きなダメージを与える
  • カミソリを使った自己処理は乾燥肌の原因にもなる
  • 常に衛生的なカミソリを使うことにより多少は肌トラブルを防げる
  • 美肌を作りながらムダ毛も処理できるのが家庭用脱毛器