曲がり角を感じないお肌が理想ですね!

お肌の曲がり角って何歳なの?

女性にとっては気になる「お肌の曲がり角」。いつまでもキレイでハリのあるお肌でいたいけれど、お肌の曲がり角は誰にでもやってきます。ですが、お肌の曲がり角って、一体何歳からなのでしょうか?

20代前半~60代までの女性を対象に行ったアンケート調査では、85%もの人がお肌の曲がり角を既に感じており、曲がり角の時期を25歳~28歳とした人が33%、29歳~31歳とした人が21%と、20代後半を曲がり角とする人が50%以上いました。


以前ある化粧品メーカーが「25歳はお肌の曲がり角」のキャッチコピーを流し、それによって25歳がお肌の曲がり角だと世間に認識されている部分もあります。

また、お肌の様子に大きな影響を持つ女性ホルモンの分泌も25歳くらいでピークを迎えますので、その点でも25歳が曲がり角と言ってもよいかもしれません。


しかし、アンケートでも50%近くの人が20代後半以外でお肌の曲がり方を捉えていることからも、認識以上に曲がり方には個人差があるのが実情です。

ファンデーションや濃いアイメイクの早期使用をしていたり、クレンジングが十分でなかったり、適度な保湿がされていなかった場合はお肌の曲がり角は早くやってきてしまいます。


生活習慣が乱れていても、曲がり角は早まってしまいます。良質な食事や睡眠、適度なエクササイズなくしてはお肌が崩れていく一方で、またキレイでありたいと思う気持ちも非常に大事なことです。

アンケートの中でも、曲がり角を感じた後にはみなさん色々な努力をスタートしています。化粧品を変えたり、スキンケア用品を見直したり、スチーマーなどの美顔器を取り入れたり、サプリメントを取り入れたりと、曲がり角の気づきから行動に移しているようです。


この気づきと努力によって、お肌の曲がり角の下降具合には差がでてきてしまうことは注意が必要です。急降下をたどる人と、なだらかに下降していく人が存在し、50代、60代になったときの同い年同士の見た目年齢が10歳以上!なんてこともあり得る話です。

よって、その時の自分にあった適切なスキンケアを見直し、化粧品を選んでみましょう。使用方法だって見直すと良いでしょう。洗顔の際など、不必要にゴシゴシこすっていませんか?


技術が発達し、美顔器にも優れものがたくさんあります。取り入れることで肌を元気にさせることができます。キレイを保つためにも、脱毛器でムダ毛を処理し、肌をキレイに見せることもとても大事です。

こうした努力は毎日のことですので、なかなかスタートするのも継続するのも怠りがちですが、キレイでありたい!という強い気持ちは原動力にもなりますし、心と深く繋がるお肌にはとても大事なことです。ゆるやかなお肌の曲がり角を目指しながら、しっかりお手入れを欠かさず満足のいくお肌をキープしましょう。